デジハリ、女子中高生向けプログラミングキャンプ『G’s ACADEMY YOUTH CAMPfor GIRLS』を7月29日~8月1日に開催

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を展開するデジタルハリウッド株式会社が運営をする、起業家・エンジニア養成のプログラミングスクール『G’s ACADEMY TOKYO』(ジーズアカデミートウキョウ)は、中高生のためのプログラミングキャンプ『G’s ACADEMY YOUTH CAMP for GIRLS(以下『YOUTH CAMP for GIRLS』)』を、夏休み期間の2019年7月29日~8月1日に開講することを発表した。

『YOUTH CAMP for GIRLS』とは

『YOUTH CAMP』とは、社会人向けのエンジニア養成スクール『G’s ACADEMY TOKYO』が運営する、中高生向けの【短期集中プログラミングキャンプ】。

セカイを変えるGEEKを養成するというコンセプトの社会人向けエンジニア教育を展開し、次々と起業家・エンジニアを輩出している『G’s ACADEMY TOKYO』のプログラミング教育メソッドを凝縮。

中高生向けのプログラミングキャンプとして、2017年より学生の長期休み期間に定期開催している。

今回は、そのスピンオフ企画として「プログラミングは習ったけど、全然使いこなせてないかも…」という女子中高生向けに『YOUTH CAMP for GIRLS』を開催する。

「女の子にプログラミングの楽しさを知ってもらい、活躍するセカイをつくりたい」というコンセプトのもと、自らの手でWebアプリケーションを開発する4日間となる。

女子中高生がより楽しみながらプログラミングを継続できるように、InstagramやiTunesなどの身近なアプリの仕組みを使ったカリキュラムを用意。

さらに同世代でグローバルに活躍している女性を招き、講演を実施する予定。

『YOUTH CAMP for GIRLS』の3つの特徴

SKILL:実務経験がある社会人講師からの直接指導

『YOUTH CAMP』の講師陣は皆実務経験があるエンジニアであり、普段から講師を務めている「教えるプロ」でもある。

本格的なプログラミングスキルを基礎からしっかり、わかりやすく学ぶことができる。

MIND:自らアプリケーションを作る力を身に付ける

プログラミングは、ワクワクするものを形にする、困っていることを解決するためのクリエイティブな道具だ。

せっかく習ったプログラミングを単なる職業技能にしないために、自ら課題を見つけてプログラミングという道具を使って解決するという設計になっている。

自走力を身に付け、プログラミングを自分一人でも今後も続けられるきっかけを提供する。

CREATE & PRESENTATION:開発&発表

最終日には、学んだことを土台にオリジナルのWebアプリケーションを制作し、保護者・審査員の前でプレゼンテーションを行なう。

「創りたいもの」を自分で考え、それをカタチにする力を最大限に引き出す。

『G’s ACADEMY YOUTH CAMP for GIRLS』 開催概要

日程

2019年7月29日(月)~8月1日(水)

各日10:00~18:00 ※最終日のみ終了時間が早まる可能性あり。

対象

中学1年生~高校3年生の女子でプログラミングを少しでも習ったことがある人(プログラミング言語不問)

具体的には下記の様な人が対象。

  • プログラミングを習ったことがあるが、どの様にプロダクトを作ればいいかわからない。
  • プログラミングを習ったことがあるが、どの様に続けていけばいいかわからない。
  • 事業や作りたいプロダクトのアイディアがあるが、どのように形にしたらいいかわからない。
  • 将来起業したいのでアイディアを練ってプロダクトを作りたい。
  • 未踏ジュニアに応募するためのプロダクトのプロトタイプを作りたい。

※男性のエンジニアが多い現状において、是非女性にもプログラミングの楽しさを知り活躍する世界を作りたいとの想いから、今回は参加者を女子限定としている。

申込締切

2019年7月22日まで

会場

G’s ACADEMY TOKYO BASE

参加費

PC持込の場合 39,800円(税込)

※PCレンタル希望の場合には、別途7,500円(税込)。持込PC推奨スペックは、CPU2コア2GHz以上、メモリ4G以上のもの。またOSは、Windowsは7以上/Macは最新OS。

募集人数

20名(先着順、事前審査はなし)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録