現役ITエンジニアから学べるプロエンジニア養成所「TechTrain」、サービス紹介Movieを公開

株式会社TechBowl(代表:小澤政生)は、現役ITエンジニアから学べるプロエンジニア養成所「TechTrain」のサービス紹介Movieを公開した。

このサービス紹介動画では、TechTrainのサービスの世界観を1分のMovieに凝縮されている。

TechTrainのサービス紹介Movieについて

コンセプト

「技術を繋いで加速する」

1両編成だった電車が、目的地に向かって車両を連結しながら突き進んでいくように、エンジニアを目指す人が最初はひとりだったけれど、様々なメンターやユーザーと出会いながら気づき、学び、技術を連結して、目的地(=将来なりたい姿)に向かって突き進んでいく、という世界観が動画にこめられている。

出演しているキャストはメンター、ユーザー共に全員実際にTechTrainの利用者で構成されており、よりリアルにTechTrainの世界観を感じることができる。

TechTrainとは

解決できる悩み

  • 技術的な相談がすぐにできる人が身近にほしい。
  • プロとして働いているエンジニアの話をもっと聞きたい。
  • 話題の技術やサービスについて一緒に話せる横の繋がりがほしい。
  • エンジニアとして就職、転職する際のアドバイスや企業紹介をしてほしい。

実現できること

  • スキルアップとキャリアアップを支援するサービス。
  • プロのエンジニアを目指すU30(30歳以下)が対象。
  • 業界で活躍する35社70名の社会人ITエンジニアがメンターとなり、開発のアドバイスや実務での事例紹介、コードレビュー等を行う。
  • 1回30分、オンライン面談。無料で何度でも利用できる。
  • 15,000人以上のエンジニア候補者と対話してきたTechBowl代表小澤氏がマンツーマンでキャリア相談や1人1人に合った企業を紹介。

TechTrainは4月26日よりサービスを本格的に開始し、2ヶ月でユーザー数は250名を突破。

プロのエンジニアを目指す30歳以下の学生・社会人が、いつでもどこでも、相談したい技術を現役ITエンジニアに無料で相談することができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録