中高生対象の「英語で学ぶプログラミング講座2019夏」8月5~9日に開講

一般社団法人ナレッジキャピタル(代表理事:宮原 秀夫)ならびに株式会社KMO(代表取締役社長:小田島 秀俊)は、2019年8月5日(月)から8月9日(金)の期間、香港有数の民間プログラミング教育機関Koding Kingdom Hong Kong Limited(Founder&CEO:JOHN HUEN、以下「Koding Kingdom」)と連携し、中学生と高校生を対象とした「英語で学ぶプログラミング講座2019夏」を開講することを発表した。

「英語で学ぶプログラミング講座2019夏」開講の背景

Koding Kingdomは、香港で、幼児から高校生を対象に、プログラミング教育を通じてデジタルリテラシーを強化し、学際的なスキルを向上させるカリキュラムを提供している。

この講座は、Koding Kingdomとの共同プログラムとして、世界で活躍できる人材の育成を目指し、中・高校生に英語でプログラミングやロボティクスを学ぶ機会を提供する。

ロボットの組み立てと操作、VRゲーム制作、Androidアプリ開発など、プログラミング教材を使って実践的にプログラミングの基礎を学ぶ5つのコースを用意。

講義はKoding Kingdomの経験豊富な講師が英語で行い、日本の大学生がアシスタントとして受講生をサポートする。チームごとにプログラミングに取り組み、プレゼンテーションをするなど、アクティブラーニング型の講義となっている。

2020年度から小学校におけるプログラミング教育が必修化される背景として、情報技術を効果的に活用しながら、論理的・創造的に思考し、課題を発見・解決していく能力の育成が求められていることが挙げられる。

この講座では、プログラミングはもちろん、英語でのコミュニケーション、チームでの課題解決、プレゼンテーションなどを通じて、それらの能力の育成に資する学びの機会を提供する。

「英語で学ぶプログラミング講座2019夏」の詳細

この講座は、プログラミング教育を通じて世界で活躍できる人材を育成する、中・高校生を対象にしたプログラム。

香港有数の民間プログラミング教育機関であるKoding Kingdomとの共同プログラムとして、香港で3,000人以上の受講実績を有するプログラミング講座を基に、新たに本講座向けに開発したプログラムを提供する。

授業は英語で行われ、プログラミングや英会話といったスキル向上に加え、他の受講者との共同作業やプレゼンテーションを通じたチームワーク、コミュニケーション能力や課題解決能力を養う。

期間

2019年8月5日(月)~8月9日(金)

時間

午前9時~午後4時(受付開始:午前8時30分~)

会場

グランフロント大阪 北館 タワーC 8階 ナレッジキャピタルカンファレンスルームタワーC

対象者

中学生、高校生

使用言語

英語 ※一部通訳サポートあり

定員

各コース15名(最少催行人数:8名) ※各コース単体での受講が可能。

受講料

12,000~29,000円(昼食代込み・税抜き) ※受講コースによる

申し込み受付

6月26日(水)~7月29日(月)

各コースの紹介

コース1:VEX IQを使用したロボット制作

VEX IQ スーパーキット

中学生から大学生が参加する世界的なロボットコンペティションでも使用されているVEX Roboticsのロボット教材「VEX IQ」を使い、ロボット制作を通じてプログラミング、ロボットデザインのエンジニアリングの基礎を学ぶ。

コース2:micro:bitを使用したロボット制作

教育用のコンピューターボード「micro:bit」を使ってプログラミングを学ぶコース。

micro:bitにはLEDなどが搭載されており、コンピューターと接続することで作成したプログラミングの動作確認ができる。

このコースでは、電子工学、プログラミング、エンジニアリングを統合し、ロボットデザインやサーキット、構文ベースのプログラミングを学習し、オリジナルのロボットバギーを制作する。

コース3:Pythonを使用したプログラミング

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)分野で主流となっているプロミング言語「Python(パイソン)」を学ぶ。

初心者でも習得しやすい言語と言われており、コンピューターでのプログラミング、コンピューター・サイエンスを始めるのに最適とされているツールだ。

コース4: VRを使った3Dゲームの制作

過去開催の様子

現実に近い空間や、現実ではあり得ないような体験ができる空間も作り出すことが可能なVR(仮想現実)を学ぶコース。

このコースでは、デザイニングやコーディングを使ってVRの仕組みを学習し、VRのゲームを制作する。

コース5:MIT App Inventor2を使用したコーディングとアプリデザイン

Android対応のアプリケーションを開発するソフトウェア「MIT App Inventor 2」のプラットフォームを使用し、プログラミングの基礎、変数やループスなどを学びながらアプリを作成するコース。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録