レバテック、フリーランス版プログラミング言語別案件ランキングを発表。Javaがシェア第1位

レバテック株式会社が運営するITエンジニア・クリエイター専門エージェント、レバテックフリーランスは、フリーランス向けの新規案件データをもとに2018年度のプログラミング言語別ランキング調査を行い、結果を発表した。

2018年度プログラミング言語別ランキング調査結果の概要

  • 全体の43.6%をJavaとPHPの案件が占める。Javaは前年に比べ6.7ポイント増加。
  • JavaScriptが12.9%のシェアで第3位にランクイン
  • PHPは2.1ポイント、Objective-C/Swiftは2.3ポイントの減少。
  • Pythonは2.3ポイントシェアを拡大

2018年度プログラミング言語別ランキング調査結果詳細

レバテックフリーランスが2018年度新規に発生したフリーランス案件を分析したところ、昨年度と同様に最も割合が多いのは29.2%のJava、次いで14.4%のシェアでPHPだった。

Javaの人気根強く、BtoB、BtoCどちらにも対応。フロントエンド人材の確保は各社難航。

シェア第1位のJavaは、システム開発やWeb開発、アプリケーション開発など幅広く使用されている人気のプログラミング言語。

応用力のある言語として人気は根強く、SIerなどが扱う大規模BtoBシステムなどで採用されるケースが多々ある。

また、近年ではSIer正社員からWeb系企業への転職やフリーランスとしてキャリアチェンジするITエンジニアも多く、Javaエンジニアの確保が比較的容易なことからBtoCシステムでも採用されることが多々見受けられる。

今回の調査でシェア第3位にランクインしたJavaScriptは、トレンドの移り変わりが激しいフロントエンドの言語。

そのため各企業は人材の確保が追いついておらず、即戦力としてフリーランスのエンジニアを募集している。

近年ではクライアント側もサーバー側もJavaScriptで実装する事が可能となり、人気はさらに高まっているため、今後も需要増加が見込まれる。

即戦力の人材を求めるPython案件

前年から2.3ポイントシェアを増加したPythonは、サーバーサイド開発、ブロックチェーン、機械学習、データクレンジング、業務改善ツール作成など幅広く案件が発生している。

データ分析系の案件は需要が高く、特にデータサイエンティストは争奪戦となっている。

Pythonのフリーランス案件は正社員の募集と違い即戦力を求められることが多く、未経験で応募可能な案件は少ない傾向にある。

各業界で見込まれるVR需要によりUnity案件は増加が予想。一方でiOS案件は頭打ちか

今後成長が予想されるVR市場は、大企業からスタートアップ企業までが注力している分野であり、教育、医療、介護など幅広需要が増加すると考えられる。

これまでゲームを中心としたアプリ開発で用いられることの多かったUnityのシェアは、ほぼ横ばいの傾向にあったが、VR領域でのUnityに精通したエンジニアの需要は今後高まることが予想される。

日本で絶大なシェアを誇っていたiOSは、2014年にApple社によりコードがシンプルなSwiftが開発されて以降、Objective-CからSwiftへ移行する流れが加速していた。

しかしながらここ数年、Androidの世界的なシェアと、日本国内でのAndroid需要の増加という背景からiOS案件の数は頭打ちの傾向にあり、前年に比べシェアは縮小している。

調査対象

調査対象

レバテックフリーランス」のフリーランス向け新規案件データ

集計期間

2018年度 2018年4月1日〜2019年3月31日

調査方法

対象期間中の新規発生案件データをもとにランキング化


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録