メイツ、英検対策アプリにコンテンツを追加

タブレットを用いた学習塾運営と教育機関向けアプリ開発を行う株式会社メイツ(本社:東京都新宿区 代表取締役:遠藤尚範)は、2019年8月1日に英検対策アプリのコンテンツ追加を実施することを発表した。

また、それに伴い、同年6月1日に同アプリをアップデートした。

英検対策アプリ アップデート・コンテンツ追加の背景

このアプリの利用者から「英検対策を通年指導や講習指導で行いたい」という声があり、よりこのアプリを利用しやすくするにはコンテンツの増量が必要だった。

また、診断テストの筆記テストにて一人ひとりの苦手リストを生成する機能が好評だったため、リスニングテストにも苦手リスト生成機能を実装した。

コンテンツ追加概要

今回のコンテンツ追加では、以下3点の単元追加を行う。

「大問別対策」にリスニング問題の単元追加

大問別対策にて、出題形式別にリスニングの問題を解くことが可能になる。

「診断テスト」のリスニング苦手リスト追加

リスニング診断テスト後、一人ひとりの間違えた問題に応じて苦手リストが生成される。

「単語力強化」に頻出度別単語の単元追加

従来の大問別対策に紐づいた単語の単元に加えて、英検に出題されやすい単語の単元を頻出度別で追加する。単語の学習を行う際、目的に応じて学習することが可能となる。

今後の展望

今後は更なるコンテンツの充実に向けて、大問別対策、診断テストの単元数を増やしていく。

その後、アプリの使い方の説明や各大問の解き方など、チュートリアル機能を組み込んでいく予定。

また、小学生低学年の指導に対応するため「診断テスト」「大門別対策」に続いて、「単語力強化」に漢字の振り仮名を追加し、小学生のユーザーでもレベルの高い級のアプリを利用できるようにする。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録