Makeblock Japan、Wi-Fi内蔵のシングルボードコンピュータ「Makeblock Halocodeスタンダードキット」を発売

STEAM・プログラミング教育のソリューションを提供するMakeblock Co., Ltd(以下Makeblock、本社:中国深セン市、創業者CEO:王建軍)の日本子会社Makeblock Japan株式会社は、Wi-Fi内蔵のシングルボードコンピュータ「Makeblock Halocode(メイクブロック ハロコード)スタンダードキット」を2019年6月21日より販売開始した。

「Makeblock Halocodeスタンダードキット」商品概要

Makeblock Halocodeは、個々にプログラム可能な12個のLEDライト、モーションセンサー、タッチセンサーなどが内蔵されている無線のシングルボードコンピュータ。

Wi-Fi機能やマイクを専用ソフトウェアmBlock 5と組み合わせて、簡単にIoTプロジェクトに組み込んで音声認識機能を追加することが可能。

今回発売する「Makeblock Halocodeスタンダードキット」は、シングルボード本体に、案例カードや電池ケース、ワニ口クリップ、USBケーブル等の周辺パーツが付属された、誰でも簡単に創作をはじめることが可能な、夏休みの工作にも最適なキット。

価格

4,850円

内容

  • Makeblock Halocode本体 x 1
  • 単4電池 x 3
  • 電池ケース x 1
  • ワニ口クリップ x 4
  • USBケーブル x 1
  • マジックベルト x 1
  • マジックテープ x 4
  • 銅箔テープ x 1
  • ユーザーマニュアル x 1
  • 案例カード x 1


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。