ワントゥーテン、教育分野の社会課題解決に向けた「1→10 学びの改革プロジェクト」の一環として、トークイベント「テクノロジーが促進するグローバル教育」を7月11日に開催

株式会社ワントゥーテン(本社:京都市、代表取締役社長:澤邊芳明、以下 1→10)は、教育プロジェクトとして発足した「1→10 学びの改革プロジェクト」(以下、本プロジェクト)の一環として、トークイベント第2弾「テクノロジーが促進するグローバル教育」を7月11日(木)に1→10天王洲オフィスにて開催することを発表した。

トークイベント第2弾「テクノロジーが促進するグローバル教育」概要

株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS 代表取締役社長 モントゴメリー道緒氏、インターナショナルスクールタイムズ編集長 村田学氏を迎え、本プロジェクトのリーダーであるワントゥーテン取締役副社長の梅田氏とともに、小学校教育における英語学習の潮流と課題や、グローバル人材を育てる上で大切なポイント、小学生のテクノロジーの受容性などを、それぞれの専門的視点からトークセッションする。

開催日時

7月11日(木)18時00分〜20時30分

開催場所

株式会社ワントゥーテン 天王洲オフィス 「CRYSTAL」

参加者数

60名

対象

教育事業、IT事業従事者など

参加費

無料

登壇者

モントゴメリー 道緒(株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS)

GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS 代表取締役。日本国内のインターナショナルスクールを経て、米国バブソン大学卒業。その後、メリルリンチ日本証券にて国内及び海外のM&A業務に従事。2012年に国内最大の料理教室会社ABC Cooking Studio の代表取締役社長を経て、2013年9月、株式会社GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSの代表取締役社長に就任。次世代を担う子どもたちのグローバル教育環境を、インターナショナルスクール経営とIoTを活用したオンラインスクールの運営や事業開発に取り組む。

村田 学(インターナショナルスクールタイムズ)

インターナショナルスクールタイムズ 編集長。国内英語教育のトレンド等に造詣の深いジャーナリスト兼教育専門家。2012年、国際教育メディアThe International School Timesを創刊し編集長に就任。その後インターナショナルプリスクールであるCentral Forest International School Tachikawaの理事長を経て、現在は都内のインターナショナルスクールの運営や英語教育のコンテンツ開発にも力を入れる。

梅田 亮(株式会社ワントゥーテン)

株式会社ワントゥーテン 取締役副社長COO。2002年、早稲田大学理工学部を卒業後、同年に大手広告会社入社。マーケティング部署を経てコミュニケーションデザイン領域へ。マーケティング領域の多様化に伴い、デジタル、PR、プロダクト/コンテンツ開発など、新たな領域を幅広く積極的に取り込み、プロジェクト全体を推進していくチーフプロデューサーとして活躍。2015年、ワントゥーテングループに入社。2011年、2013年、2014年クリエイター・オブ・ザ・イヤーノミネートをはじめ、グッドデザイン賞、TIAA、NYFestival、ADFEST、AD STARSなど受賞。また、AdverTimesコラム連載(2012~2013年)他、執筆、講演、審査員など経験多数。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録