VANTAN TECHFORD ACADEMY、パネルディスカッション「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」を6月30日に開催

株式会社バンタン(本部:東京都渋谷区)が2020年4月に開校する「バンタンテックフォードアカデミー(VANTAN TECHFORD ACADEMY)」は、株式会社ドワンゴ 代表取締役社長 夏野剛氏、株式会社ZOZOテクノロジーズ 執行役員 今村雅幸氏、 タレント兼エンジニア 池澤あやか氏によるパネルディスカッション「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」を6月30日(日)に開催することを発表した。

また、これからのIT人材に求められる企画力と実践力を磨く“プロジェクト型学習”の体験イベントとして、現役中高生が株式会社ホリプロデジタルエンターテインメントの 「所属タレントの更なる人気向上」 に向けた課題解決を目指す体験ワークショップも開催する。

パネルディスカッション「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」について

テーマ

テーマ1: デジタル変革時代のいま、業界のトップリーダーが考える次のIT戦略とは

現代の「デジタル変革」に先行して、動画配信サービス「ニコニコ動画」と、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」やファッションコーディネートアプリ「WEAR」など、ITを駆使したサービスで成功を収めてきた2社のリーダーが、いま注目するITサービスや、IT導入により大きな変化が期待される業界及び分野とは何か、また、自社の今後のIT戦略を交えながら、IT企業の今後を本音で語る。

テーマ2: 今求めるIT人材と教育~デジタルネイティブ世代に期待すること~

全産業において必要とされ、枯渇しているIT人材。

近年ではプログラミング技術はもちろん、プラスアルファのスキルが求められている。夏野氏と今村氏が求める人材スペックや、2020年に小学校でプログラミング教育が導入されるいまのIT教育の問題点について聞く。

テーマ3: 女性エンジニアの可能性~日本と海外の違い~

日本においては“理系女子”という言葉が生まれるほど男性色の強いIT業界。

IT人材が枯渇するいま、女性の活躍が期待されている。経営者や女性エンジニアの立場から、女性エンジニアの可能性について、日本と海外の違いにも触れつつ話す。

パネルディスカッション登壇者プロフィール

夏野剛 (株式会社ドワンゴ代表取締役社長 / 慶應義塾大学 政策・メディア研究科 特別招聘教授)

1988年早稲田大学政治経済学部卒、99年世界初の携帯電話を利用したインターネットビジネスモデル「iモード」サービスを立ち上げ、2001年 ビジネスウィーク誌にて世界のeビジネスリーダー25人の一人に選出される。2005年ドコモ執行役員、08年退社。

現在は慶應大学の特別招聘教授として教鞭をとる傍ら、トランスコスモス、セガサミーホールディングス、グリー等複数企業の取締役を兼任する。

2019年2月ドワンゴ代表取締役に就任。内閣官房クールジャパン官民連携プラットフォームアドバイザリーボードメンバー、経産省・IPA 未踏IT人材発掘・育成事業統括プロジェクトマネージャー、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会参与(マスコット選考検討会議委員、チケッティングに関する有識者会議委員、入賞メダルデザインコンペティション審査会メンバー)等、経産省や内閣府で各種委員も務める。

今村雅幸 (株式会社ZOZOテクノロジーズ 執行役員 VPoE 開発部 部長)

同志社大学を卒業後、株式会社ヤフーに入社。Yahoo! FASHIONやX BRANDなどの新規サービス立ち上げの開発やリコメンデーションの特許取得などを行う。

その後2009年に株式会社VASILYを創業し、取締役CTOに就任。200万人が利用するファッションアプリ「IQON」の開発やエンジニアリング組織のマネジメントなどを行い、VASILYをテックカンパニーとして牽引。

2017年にVASILYをスタートトゥデイ(現ZOZO)に売却、会社合併とともにZOZOテクノロジーズの執行役員に就任。現在はVPoEとしてエンジニア採用や教育など幅広くエンジニアリング組織のマネジメントを行っている。

池澤あやか

1991年 東京都出身。第6回東宝シンデレラオーディション審査員特別賞受賞。

報番組をはじめとするTV番組への出演やメディア媒体への寄稿を行う一方、フリーランスのソフトウェアエンジニアとしてアプリケーションの開発に携わる。

プロジェクト型学習 体験ワークショプについて

企画力と実践力を備えた次世代のIT人材育成を目指すバンタンテックフォードアカデミーは、学生が企業の課題をヒアリングし、課題を解決する取り組みを通じて学ぶ“プロジェクト型学習”を特長としている。

イベントでは、バンタンテックフォードアカデミーの参画企業である株式会社ホリプロデジタルエンターテインメントの 「所属タレントの更なる人気向上」 に向けた課題解決を目指す体験ワークショップを実施。

参加した学生は、“VTuber戦国時代”と言われている現在における、VTuber“伊達あやの”の成長戦略の立案に取り組む。

当日は“伊達あやの”によるビデオメッセージ出演に加え、ディスカッションの進行及びサポート講師役としてプロデューサー・コンセプターの外所一石氏招く他、“伊達あやの”のプロデューサーを務める株式会社ホリプロデジタルエンターテインメント統括執行役員の鈴木秀氏によるフィードバックも実施し、参加学生は実際にバンタンテックフォードアカデミーで実施するプロジェクト型学習授業に近い体験ができる。

VTuber 伊達あやのについて

2019年にクラウドファンディングMakuakeのプロジェクトで目標金額(300万円)を達成し、誕生したVTuber。

2019年2月1日にYouTubeにて「あやのんチャンネル」を開設し、デジタル上での活動を本格的に開始。

今後、YouTubeやTikTok、Twitterなどの活動に加え、実際にファンと会えるリアルイベントなども開催予定。

1996年に元祖バーチャルタレントとして活動を開始した“伊達杏子”の娘でもある。

タイムスケジュール

  • 14:30~:受付開始
  • 15:00~15:10 : バンタンテックフォードアカデミー説明
  • 15:10~16:00 : パネルディスカッション「デジタル変革時代のトップリーダーが本音を語る~IT戦略とテック人材~」
  • 16:00~17:00 : プロジェクト型学習体験ワークショップ

アクセス

バンタンデザイン研究所 恵比寿校舎 2F

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録