カサレアル、JetBrainsとトレーニングパートナー契約を締結

株式会社カサレアル (以下 カサレアル:東京都港区、代表取締役社長 窪 伸一郎) は、JetBrains s.r.o. (以下 JetBrains 社:チェコ国 プラハ、CEO Maxim Shafirov) とトレーニングパートナー契約を締結したことを発表した。

カサレアルとJetBrains、契約締結の背景

JetBrains社の統合開発環境 (IDE) 製品は、最新のフレームワークや言語仕様のサポートにより、非常に高い開発生産性をもたらすと各国で高い評価を得ている。

カサレアルは常に実践的な研修カリキュラム提供を目指し、開発言語習得に注力した研修を約50コース提供。

特にJava関連コースは、言語仕様を学習する入門コースからJavaフレームワークを取り扱う上位コースまで多数取り揃えているが、今回のトレーニングパートナー契約の締結によりJava関連コースで使用する開発環境として2019年6月よりJetBrains社の「IntelliJ IDEA」を正式に採用する。

IntelliJ IDEAの採用により、より効率的な研修の提供を可能にするのと同時に、受講者に対しては、研修終了後2週間IntelliJ IDEAを無料で使用できるライセンスを発行することで、研修後スムーズに開発業務に専念できる環境をJetBrains社と共に提供する。

今後はJetBrains社が得意とするチーム開発においてもコース拡充を目指す。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録