コードタクト提供の授業支援システム「schoolTakt」、ICT教育推進の専門家・松田孝氏をアドバイザーに招聘

株式会社コードタクト(代表取締役・後藤正樹、以下コードタクト)の提供する授業支援システム「schoolTakt(スクールタクト)」は、ユーザーである教師にとってより使いやすい機能開発および実践的な活用方法の発信を行うため、小学校プログラミング教育の第一人者として知られICT教育導入を推進してきた小金井市立前原小学校・前校長で、現在合同会社MAZDA Incredible Lab代表の松田孝氏をアドバイザーとして招くことを発表した。

松田孝氏は長年教育現場で実際に教壇に立ち、ICT教育の推進活動をしてきた。

今回、アドバイザーとして招聘することで松田氏の有する教育現場でのリアルな経験や知見を通して、schoolTaktの機能・利用向上を強化させることで、schoolTaktが目指す「先生が教えやすく、生徒が楽しく学べる」環境づくりを加速させていく。

さらに、松田氏が有する教育学における研究や知見をもとに、これからの社会で教育者や学習者にとってどのような力が求められるのか、またどういった教育環境が必要なのかといった、教育全般について専門的な情報発信も行っていく予定。

松田孝氏のコメント

21世紀を拓く力は、子どもたち一人一人の個性的な学びを磨くことで育まれます。そのためには一人一人の個別の学びを保障し、そこでの気付きを共有して、それ等をジョイントさせることで協働が生まれます。個性は多様性を尊重しながらもそこで揉まれることで磨かれます。この学習こそがアクティブラーニングであり、これを実現できる学習支援システムがschoolTaktです。

正直に言えば、私はschoolTaktを活用して授業実践してきて、このような考えを編み出すことができたのだと思っています。schoolTaktを学習のど真ん中において、全国の学校で真に子どもたちが21世紀を拓くための個性的な学びを磨く授業を実現できるよう、コードタクトと一緒に尽力していきたいと考えています。

第10回 教育ITソリューションEXPO schoolTaktブースでの松田氏講演について

第10回 教育ITソリューションEXPOへ、schoolTaktが初めてブースを出展する。

ブースでは実際にschoolTaktを体験でき、また様々な機能を紹介するプレゼンテーションを行う。アドバイザーの松田氏も登壇予定。

開催日時

2019年6月19日(水)〜21日(金)10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)

場所

青海展示棟 東京都江東区青海1-2-33ほか

料金

招待券の事前発行で無料、招待券がない場合入場料5,000円/人が必要。

ブース番号

B9-30

松田孝氏登壇スケジュール

  • 6月19日(水)13:00-13:30、16:00-16:30
  • 6月21日(金)12:00-12:30、16:00-16:30

※登壇スケジュールは変更になる場合がある。ブース内のスペースには限りがある。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。