ライフイズテック、クラーク記念国際高等学校の授業向けに プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」を導入

中学生・高校生のためのプログラミング教育サービス事業を手がけるライフイズテック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:水野 雄介)はクラーク記念国際高等学校と提携し、2019年4月から同校の大阪梅田キャンパスの全日型通学コースに新設された「プログラミングコース」に、ライフイズテックが開発し昨年4月にサービスを開始したオンライン型プログラミング学習教材 テクノロジア魔法学校を提供することを発表した。

今回、「テクノロジア魔法学校」が学校の授業で活用される初の導入事例となる。

「テクノロジア魔法学校」提供の背景

今回の提携では、大阪梅田キャンパスのプログラミングコースに在籍する生徒全員(本年度39名)を対象に「テクノロジア魔法学校」を教材として活用し、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習する授業を実施するほか、次年度以降は、短期集中講座である「Life is Tech ! CAMP」への参加、3年次はプロジェクト型学習やコンテストへの挑戦など、1年次から3年次までの3年間を通して、プログラミングの技術力と創造力を身につける学習カリキュラムを提供する。

クラーク記念国際高等学校 大阪梅田キャンパス長 阿部賢太氏コメント

未来を担うイノベーション人材の育成を目指すため、プログラミングの技術だけを身に付けるのではなく、プログラミングというツールを活用し、創造する楽しさ、思考する楽しさ、表現する楽しさを伝えたい。そして、ライフイズテックと共に高等学校におけるプログラミング教育の新しいスタンダードを提案したいと思っています。

ライフイズテックは、今回の事例を機に、今後も学校と協力しながら、プログラミング教育を通じた中高生一人ひとりの可能性を伸ばす機会提供の場をひろげていくとともに、21世紀の新たな教育の仕組みづくりにチャレンジし続ける。

テクノロジア魔法学校について




オンライン型プログラミング学習教材 テクノロジア魔法学校は『プログラミングは現代の魔法である』をテーマとして、魔法学校を舞台にしたオリジナルメインストーリーと、『アナと雪の女王』『アラジン』など13のディズニー作品を使ったレッスンによって、ロールプレイングゲームのように冒険の物語を進めながらプログラミングを学ぶことができるオンライン学習教材。

「JavaScript/HTML/CSS/Processing/Shader」といったプログラミング言語を軸に、メディアアート、ゲーム制作、Webデザインと3つのコースを総合的に学習するクロスカテゴリ学習を採用。

基礎編40時間、応用編60時間、計100時間分の学習コンテンツを用意し、週1回2時間の学習で、約1年間学ぶことができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録