メイツ、法人向け英検対策アプリのコンテンツを8月1日に追加

タブレットを用いた学習塾運営と教育機関向けアプリ開発を行う株式会社メイツ(本社:東京都新宿区 代表取締役:遠藤尚範)は、2019年8月1日に英検対策アプリのコンテンツを追加することを発表した。

また、それに伴い、同年6月1日に同アプリをアップデートした。

英検対策アプリ アップデート・コンテンツ追加について

今回のコンテンツ追加では、3点の単元追加を行う。

「大問別対策」にリスニング問題の単元追加

大問別対策にて、出題形式別にリスニングの問題を解くことが可能になる。

「診断テスト」のリスニング苦手リスト追加

リスニング診断テスト後、一人ひとりの間違えた問題に応じて苦手リストが生成される。

「単語力強化」に頻出度別単語の単元追加

従来の大問別対策に紐づいた単語の単元に加えて、英検に出題されやすい単語の単元を頻出度別で追加する。単語の学習を行う際、目的に応じて学習することが可能となる。

英検対策アプリについて ※法人限定

対応級

英検®2級、準2級、3級、4級、5級

対応OS

iOS 9.3以上のiPad

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録