サカワ、「板書を保存し再利用できる未来」を実現するシステムを「教育ITソリューションEXPO」にて初公開

サカワは、2019年6月19日(水)から6月21日(金)にかけて東京ビッグサイト青海展示棟にて開催される第10回教育ITソリューションEXPOにて、「板書を保存し、再利用するシステム」のプロトタイプを初公開することを発表した。

「板書を保存し、再利用するシステム」の概要

サカワは、黒板を作り続けて今年で創業100周年を迎えた。

このシステムは、学校での授業において、日々、書いては消してが繰り返されている「板書」を保存し、再利用しようという試み。

短い距離で黒板全体を撮影できる、今回新たに開発した「超広角カメラ」と、黒板なのに直接プロジェクター投影ができる「映写対応サンヤクブルーグレー黒板」、黒板いっぱいに投影できる「ワイード」を持つ、サカワだからこそ実現できる未来である。

近距離から黒板全体を撮影できる「超広角カメラ」で板書を撮影・保存

カメラは、黒板上部のプロジェクターの先端に取り付けられるので邪魔にならず、教室に常設が可能。

撮影はマウス操作またはクリッカーを使って行う。

スマホやデジカメを使用した撮影と違って、撮影動作が手軽かつ目立たないので生徒の気を散らすことなく撮影できるのが特徴。

授業の途中に黒板がいっぱいになった際も、板書を消す前に一瞬で保存できる。

撮影した板書を黒板いっぱいに投影。チョークの線が見やすくなるように色調補正

撮影した板書を、ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」と専用アプリを使って黒板いっぱいに投影、板書を再利用する。

専用アプリ上で、黒板に投影した板書のチョークの線を見やすく色調補正することも可能。

投影した板書は拡大・移動が可能。デジタルの力で板書を更に見やすく

板書データをタッチすると見せたい部分を拡大することが可能。ただ、板書を投影するだけでなく、デジタルならではの便利さも兼ね備えている。

※本システムは現在開発中。今回のEDIXへの出展を経て、大きく方向転換する可能性もある。製品化の予定は未定。

「教育ITソリューションEXPO(EDIX)」展示会概要

日時

2019年6月19日(水)~21日(金) 10:00 – 18:00(最終日は17:00まで)

会場

東京ビッグサイト 青海展示棟(東京テレポート駅 徒歩2分/青海駅 徒歩4分)

サカワブース小間番号

ICT機器ゾーン B7-39

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。