Udemyとベネッセ、最先端のIT・ビジネススキルを学べるオンライン研修サービスの提供を開始

世界最大級のオンライン学習プラットフォームを運営する「Udemy」と、日本の教育業界をリードする「ベネッセコーポレーション」は、約200の人気日本語コースを含む「Udemy for Business」の提供を開始することを発表した。

Udemyとベネッセは、2015年より日本における事業パートナーとして提携を開始している。

「Udemy for Business」は「Udemy」によって運営される法人向けのプラットフォームで、海外で高い評価を受けた3,000以上のコースと、今回新たに追加された約200の人気日本語コースをサブスクリプション(定額制)で利用することができる。

最先端ITをはじめとする「いつか使える知識」ではなく「明日から使える」実務直結型の実践的なコースの提供により、企業の人材育成をサポートする。

「Udemy for Business」とは



コースの例

「世界でベストセラーになった最先端ITコースの日本語版」

「プレゼンテーションのプロによる実践的なビジネススキルコース」

Udemy」は誰でも講師になりコースを作って知識や技能を共有することができるC2C(Consumer to Consumer)のオンライン学習プラットフォーム。

世界中の42,000人以上の講師が10万以上のコースをUdemyで提供する。

Udemy」では、今最も求められる最新テーマのコースがC2Cによりいち早くコンテンツ化される。

社員はそれらのコースを学ぶことで、より生産的に、また、より優れたリーダーやエキスパートになるためのスキルを手に入れることができる。

今回新たに加えられた日本語コースには、開発、IT・ソフトウェア、データサイエンス、エクセル、マネージメント、マーケティングなど様々なカテゴリーのコースがある。

「Udemy for Business」は、受講管理システムを備えており、社員の受講状況の管理や促進をすることが可能になっている。

これまでも、Adidas、Volkswagen、KDDI、CTCなどの企業がUdemyを導入し、社員の人材育成に活用している。

事業パートナーであるベネッセは、国内企業への「Udemy for Business」の導入を支援し、企業の人材育成をサポートする。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録