ENGLISH COMPANYが卒業生向け継続プラン「EC Prime」教材として、日本経済新聞社の英文媒体「Nikkei Asian Review」を採用

英語パーソナルジム「StudyHacker ENGLISH COMPANY」(以下:ENGLISH COMPANY)を運営する株式会社恵学社(本社:京都府京都市下京区、代表取締役社⻑:岡 健作)は、今回、卒業生向け継続プラン「EC Prime」の教材に、日本経済新聞社が発行する英文媒体「Nikkei Asian Review」を採用することを発表した。

恵学社では、Nikkei Asian Reviewを活用した英語シャドーイング教材を新規開発し、2019年6月14日(金)より専用アプリで提供開始する。

これにより、英語を学びながら世界の新しい情報を得ることができ、より実践的なトレーニングが可能になる。

Nikkei Asian Review 導入の背景

企業のグローバル化に伴い、今やビジネスパーソンの必須スキルとなりつつある英語運用力。

英語のパーソナルジムENGLISH COMPANYは、言語習得の科学「第二言語習得研究(SLA)」の知見をベースにしたトレーニングにより、わずか3ヶ月でTOEIC®スコアを400点も上げるなど、これまで累計6000人以上の多忙なビジネスパーソンの英語力を飛躍的に向上させてきた。

昨年2018年5月には、卒業生様向けの会員制継続プラン「EC Prime」をリリース。

英語力を向上させるためには、「学習を継続する」ことが大切であることから、3ヶ月終了後の学習サポートも開始している。

「EC Prime」ではコンテンツのひとつとして、時事英語を活用した英語シャドーイング教材を毎週5回配信し、さらにパーソナルトレーナーによるオンラインでのフィードバックを行うサービスがある。

恵学社では、今月上旬に導入したアルクの教材に続き、日本経済新聞社が発行する英文情報メディア「Nikkei Asian Review」を採用することとなった。

アジア圏を中心とした経済ニュースを教材として取り入れることで、受講生の大半をしめるビジネスパーソンにとってより親和性の高い題材で実践的な英語学習が可能になる。

EC Primeでは、今後もコンテンツのさらなる充実と品質の向上につとめ、受講生が卒業後も効果的な学習が継続できるようサポートしていく。

新教材「Nikkei Asian Review」について

今回導入した「Nikkei Asian Review」は、140年以上の歴史を持つビジネス・メディア企業である日本経済新聞社が発行する英文媒体。

日経のアジア各国に張り巡らされた豊富な取材網を生かし、ビジネス、政治・経済、マーケットなど、アジアビジネスに関わる人々に独自性の高いコンテンツが配信されている。

EC Primeでは、Nikkei Asian Reviewの厳選した最新ニュース記事を第二言語習得研究の知見をベースに、最も効果の出やすい方法、順序に則ってシャドーイング教材を新規開発し、独自で構築した学習システムにて提供する。

さらに、EC Prime会員には、Nikkei Asian Review購読IDが進呈される。

EC Prime 概要

特徴

  1. 厳選した英文記事によるオリジナルコンテンツで最新の時事英語を学ぶ
  2. シャドーイングへの個別オンライン・フィードバック・システムを用意
  3. スタジオでのトレーニングや、自習スペースも利用可能。フレキシブルな学びの場を活用できる

料金プラン

ENGLISH COMPANYについて

ENGLISH COMPANYは、言語習得の科学『第二言語習得研究』の知見を用いたトレーニングで、受講生の学習生産性を最大化し、短期間で英語力の大幅アップを可能にする、「時短型」英語ジム。

わずか3ヶ月でTOEIC®のスコアを400点も上げるなど、多数の大幅スコアアップで話題を呼び、受講生と拠点数を増やしている。

2018年5月には、卒業生向けの会員制継続プラン「EC Prime」をリリースし、3ヶ月終了後の受講生の学習サポートも開始。

また2018年6月には、自宅にいながら通学タイプと同内容のトレーニングを受講できる「オンライントレーニング」の提供を開始し、同年12月には、セカンドラインとして自習型の英語学習コンサルティングサービス「ENGLISH COMPANY THE CONSULTANT」をリリース。

専門家による課題発見アセスメントと対面コンサルティングを基に、優れた学習環境と豊富な学習コンテンツを提供することによって、自習形式ながら学習生産性を最大化させる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録