COMPASSがDJIの教育用ロボット「RoboMaster S1」のロボットプログラミング教育カリキュラムを開発、今夏提供へ

株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)は、ドローンを提供するDJI JAPAN 株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:呉 韜(ご とう)以下、DJI)が2019年6月12日(水)に発表した教育用ロボット「RoboMaster S1」に対応するロボットプログラミング教育カリキュラムをDJIによる協力の元、教育機関向けに新たに開発し、今夏提供を開始することを発表した。

COMPASSのカリキュラム開発の背景

COMPASSはこれまで、子どもたちの”未来を生き抜く力”を育てることを目的とする「未来教育」の一環として、プログラミングや多様な最先端テクノロジーを使って課題解決を行う“体験”を重視したSTEAM教育プログラムを開発し、COMPASSの直営塾であるQubenaアカデミーで提供してきた。

また、昨年度の経済産業省「未来の教室」実証事業ではCOMPASSのSTEAM教育プログラムが採択され、千代田区立麹町中学校へ数学と最先端テクノロジー(ドローン・3Dプリンター・ロボット)を組み合わせた「数学×テクノロジーワークショップ」を提供し、生徒や先生から高い評価を受けた。

今回DJIから発表された教育用ロボットRoboMaster S1は、最先端のハードウェア・様々なセンシング技術・プログラム可能なモードを搭載している。

楽しみながらロボット工学技術の可能性を学べるよう設計されており、COMPASSが目指す「未来教育」のコンセプトにマッチした製品であることから、今回DJIと協力し、RoboMaster S1のロボットプログラミング教育カリキュラムを開発することになった。

Qubenaについて

AI(人工知能)を搭載した「Qubena」は、圧倒的な学習効果で子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる学習パートナーだ。

生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。

COMPASSが運営する学習塾では、中学校数学の1学年分の学習範囲を平均28時間で学習修了する。

小学校算数・中学校数学・高校数学IAⅡBに対応しており、高校数学は学校法人 河合塾と共同開発している。

“集団指導”に特化した新機能「ワークブック」では、Qubenaに搭載された数万問の問題より、出題範囲や問題の難易度、出題する問題、出題順を自由にカスタマイズしてワークブックとして生徒に配信することで、授業演習だけでなく小テストや宿題など様々な学習シーンで活用できるようになった。

2018年度は経済産業省「未来の教室」実証事業に採択、さらに、日本e-learning大賞 経済産業大臣賞や、グッドデザイン賞を受賞している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録