パナソニックIS、マルチOS環境に対応したPC教室ソリューションを湘南工科大学へ導入

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社(以下:パナソニックIS)は、学校法人湘南工科大学(所在地:神奈川県藤沢市、総長・理事長:糸山 英太郎、以下:湘南工科大学)へマルチOS環境に対応したPC教室ソリューションを導入し、2019年4月に本番稼働を始めたことを発表した。

湘南工科大学のPC教室ソリューション導入の背景

Macの台数不足と時間割編成が課題

湘南工科大学は、時代の変化に対応できる技術者の育成のために、工科系私立大学の中でも有数のICT環境が整えられている。

今回、湘南工科大学工学部 コンピュータ応用学科では、Windows端末110台のPC教室をリプレースするにあたり、授業のニーズにこれまで以上に柔軟に対応できる環境を検討していた。

CGやプログラミングなど、macOSを利用する授業の受講希望者数が年々増加し、Macの台数不足が課題となっていたことと、きめ細かい指導を目的とした習熟度別クラス編成でコマ数が増え、時間割が組みづらくなっていたことから、このPC教室をWindows/macOSのマルチOS教室へ刷新することを決めた。

マルチOS環境に対応したPC教室ソリューション「OS-Easy」とは

端末1台のWindows/macOS設定を他の109台に配信

今般の導入では、パナソニックISが提案したOS-Easyグループホールディング株式会社製のイメージ配信システム「OS-Easy」を採用。

このシステムを導入した教室では、「OS-Easy」の機能により、WindowsとmacOSのアプリケーション設定をひとつのシステムで管理することが出来る。

端末1台にのみ設定を行えば、設定内容を他の109台に配信するため、容易かつ柔軟な教室運用を実現している。

同学科では以前からMac30台の別教室も活用していたが、大教室でWindowsとmacOSどちらの授業にも対応可能になったことで、OSの制約がなくなり、時間割編成の柔軟性が向上した。

また、従来は時間割の都合で座学中心にせざるを得なかった授業もPC演習中心のカリキュラムへ変更できるようになり、授業の質を高めることができるようになった。

なお、パナソニックISは、今回導入した「OS-Easy」を、2019年6月19日(水)~21日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第10回 教育ITソリューションEXPO」に出展する。

パナソニックISはこれからも安定運用へのサポートを継続し、今般の事例を契機として、全国の大学へ向けたマルチOS教室ソリューションの提案をしていく予定だ。

端末にはMac miniを採用端末にはMac miniを採用

今般導入したマルチOS教室ソリューションについて

導入先

湘南工科大学 工学部 コンピュータ応用学科 PC教室 2教室 ※教室は連結可能

稼働端末数

Mac mini 計110台(各55台)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録