SchooMy、小学生~高校生対象のエンジニア&デザイン教育コンテンツを導入した「レビットテッククラブ日野校舎(秀英iD予備校日野校舎内)」を6月1日に開校

SchooMyは、未来を担う子ども向けに「ものづくり」や「プログラミング」また「UI/UXなどのデザイン」の学習や社会経験を通して、理数系や情報科学の能力を育むことを目的としたSTEAM教育を推進するため、小学生から高校生を対象としたエンジニア&デザイン教育コンテンツ(総称:MAKERSLOAD)を導入した学習塾「レビットテッククラブ」事業を秀英iD予備校日野校舎と提携し開始することを発表した。

本事業の第1歩として、「レビットテッククラブ日野校舎」を2019年6月1日に開校。

さらに今後、パートナー企業やスポンサー企業を募り、今までのフランチャイズとは違った、ボランタリーチェーン展開を行うことでスクーミーを活用したエンジニア&デザインの学びのコンテンツ(総称:MAKERSLOAD)の導入を全国に拡大していく。

エンジニアリング&デザイン教育クラブ「レビットテッククラブ」について

「つくる人が一番喜ばれる世界の実現」に向け、2020年から小学校で必修化されるプログラミング教育を超えた本格的なエンジニア&デザイナーの育成を行い、未来に向けて子どもたちが必要とされる能力を育むことを目指す。

授業内容

パズルや、ロボットを動かすだけのプログラミングなどの机の上だけでは終わらせない学びを提供。

授業の流れは、「自分が楽しむもの」「自分の困っていること・こうしたいと思っていることを叶えるもの」「自分の身近な人のためのもの」「自分の住んでいる地域のためのもの」「他の地域のためのもの」「社会全体で活用できるもの」と、少しづつ世界を広げていく。

商店街にどれだけ人が来ているのかなどのデータを取得することに対しても、一番最初は、プラレールなどを活用して、電車が通ったら光るようにするという簡単なところからステップアップしていく授業構成。

徐々にできることが増え、そして視野が広がっていく。

地域の農家さんと連携し、農業課題の解決をする装置を開発し、実際に使ってもらいました。現在、フィードバックをもらいながら再開発中です。

地域の農家と連携し、農業課題の解決をする装置を開発し、実際に使ってもらった。現在、フィードバックをもらいながら再開発中。

教材の特色

「つくる・つかう・つかいつづける」の繰り返しにより、学校では学べない本格的を学びを提供する。

画面の中で動くゲームを作ったり、ロボットを机の上で思い通りに動かしたりすることで、論理的思考能力を身に付けることは、これからの未来をつくる子どもたちにとって非常に重要な学びになる。

本教室では、その学びと合わせて、実際の社会でも使用できるマイコンボード 「スクーミー」を活用。

子どもたちが作ったものを実際に社会で使用し、そこから生まれる課題や「もっとこうした方が便利」という意見を抽出し、さらに改良し、課題を解決する装置を使い続けることができるクオリティまで開発していく。そんなことができるマイコンボード。

プログラミング教育だけでなく、企業や行政の方とも本格的な議論をかわし、テクノロジーをいかに地域課題解決に繋げていくか、社会のために活用するか議論します。

プログラミング教育だけでなく、企業や行政とも本格的な議論をかわし、テクノロジーをいかに地域課題解決に繋げていくか、社会のために活用するか議論する。

実績

自治体や企業との連携や開発依頼など、実社会で使われている装置を使うからこそできる実績が生まれる。

広島県の福祉施設で利用するビジョントレーニングの開発や、山梨県の農業の課題を解決する装置や防犯装置などの開発、また都内の玩具メーカーとタイアップして子どもたちのアイデアが実際の商品になりギフトショーで展示されるなどの本格的な開発実績を子どもたちが創り出している。

今後、工場の生産性向上のためのデータ取得や、農業の人手不足や空き家問題を解決する装置の開発を、企業と子どもたち、講師、大学が連携し行なっていく。

ギフトショー2019にも展示された、東京の玩具メーカーと連携して開発した製品です。小学生の発想から、製品の開発までを行いました。

ギフトショー2019にも展示された、東京の玩具メーカーと連携して開発した製品。小学生の発想から、製品の開発までを行った。

本格的なエンジニアリングの学習により、論理的思考能力を身につけるだけでない環境です。小学校5年生が回路設計を行いました。

本格的なエンジニアリングの学習により、論理的思考能力を身につけるだけでない環境。小学校5年生が回路設計を行った。

エンジニアからの本格的な指導を受けることができます。

エンジニアからの本格的な指導を受けることができる。

ハイクラスの生徒は、全員自分の名刺を持つことになり、企業の社長や行政の方など、多くの方とのやりとりをすることができます。

ハイクラスの生徒は、全員自分の名刺を持つことになり、企業の社長や行政の人々など、多くの人とのやりとりをすることができる。

「レビットテッククラブ日野校舎」教室情報

レビットテッククラブ日野校舎では、6月中の入会で入会金と6月の授業料が無料となる開校記念キャンペーンを行う。また、授業の無料体験を行なっている。

所在地

〒191-0011 東京都日野市日野本町2-20-13石坂2階

SchooMy(スクーミー)について

スクーミーにプログラムを入れている様子

スクーミーは、日本で生まれた小型マイコンボード。

自分にあったものを誰でも簡単に、より速く開発を行えるようになるためにつくられた、たった5センチ四方の小さなマイコンボード。

​ めんどうで大変な回路を組まず、電池がついているから、すぐ動く。

コンセプトは、「小学生が、学校の課題や身近な人が困っていることを、自分たちで発見し解決する装置を、自分たちの手で開発し課題解決をすることができるくらい、ものづくりを簡単にする」を目的にしているため、小学生でも、そのまま企業に販売できる製品が開発できてしまうくらい本格的な開発ができるように設計している。

実際にプロのエンジニアが使うツールや環境をそのまま利用。

教育でつかわれているのはもちろん、企業や工場の生産性向上を目指す課題解決装置、農業や介護、飲食店などの様々な現場で使用できる装置を、小学生から当事者までもが開発に携わるなかで使われたり、誰もが簡単に、スムーズに開発を進めることができることから、企業内ワークショップや新入社員研修など、幅広く使われている次世代のマイコンボードである。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録