COMPASSのAI型タブレット教材「Qubena (キュビナ) 」教育機関向けICT端末として採用が広がるChromebook™ へ対応

株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)は今回、提供するAI (人工知能)型タブレット教材「Qubena (キュビナ) 」が、 Google™ が提供する Chrome OS™ を搭載した Chromebook™ に対応したことを発表した。

Chromebook は、利便性の高さや管理・運用のしやすさ、セキュリティ面の安全性、そして低コストでの導入・運用が可能である等の理由から教育機関に適した端末として、米国におけるK-12学校市場でのパソコン出荷台数では50%以上のシェアを持ち、近年日本においても学校や自治体での採用が拡大している。

COMPASSは、QubenaのiOS版・Android版を、サービスの提供開始以来、全国の学校・学習塾様に提供してきたが、昨今では Chromebook を利用している学校・学習塾・自治体からの問いわせが多かった。

そのため、対応端末の拡大を通してより多くの教育環境で利用できるよう、今回 Chromebook への対応に至った。

Qubena対応端末

  • Acer Chromebook Spin 11 R751T-N14N
  • ASUS Chromebook Flip C101PA
  • ASUS Chromebook Flip C213NA

※他の機種についてもタッチスクリーンおよびAndroidアプリを正式サポートするタッチスクリーン搭載Chromebook に順次対応予定。

※Chromebookへの対応範囲はQubenaの小学算数・中学数学が対象となる。

※Google、Chrome OS、Chromebook、Android はGoogle LLC の商標。その他、記載されている会社名および商品名は各社の商標もしくは登録商標。

Qubenaについて

AIによるアダプティブラーニングで圧倒的な学習効率を実現

AI (人工知能) を搭載した「Qubena」は、圧倒的な学習効果で子どもたちの「未来を生き抜く力」を育てる学習パートナー。

生徒一人ひとりの学習中の操作ログや計算過程、回答データを分析することで、つまずく原因となっているポイントを特定し、その生徒が解くべき問題へと自動的に誘導し、効果的で効率的な学習を実現する。

自社が運営する学習塾では、中学校数学の1学年分の学習範囲を平均28時間で学習修了する。小学校算数・中学校数学・高校数学IAⅡBに対応しており、高校数学は学校法人 河合塾と共同開発している。

“集団指導”に特化した新機能「ワークブック」では、「Qubena」に搭載された数万問の問題より、出題範囲や問題の難易度、出題する問題、出題順を自由にカスタマイズしてワークブックとして生徒に配信することで、授業演習だけでなく小テストや宿題など様々な学習シーンで活用できるようになった。

2018年度は経済産業省「未来の教室」実証事業に採択、さらに、日本e-learning大賞 経済産業大臣賞や、グッドデザイン賞を受賞している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録