AI英会話アプリ「スピークバディ」・オンライン英語コーチングサービス「スパルタバディ」を開発するアップアレイが総額約3億円の資金調達を実施

​AI英会話アプリ「スピークバディ」の開発及び、オンライン英語コーチングサービス「スパルタバディ」の運営を行うappArray株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役:立石剛史)は、ディップ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨田英揮)及びReality Accelerator(所在地:東京都渋谷区、代表パートナー:郡裕一)を引受先とした第三者割当増資により、約3億円の資金調達を実施したことを発表した。

今回のappArrayの資金調達の目的

今回の資金調達を通じて、AI英会話「スピークバディ」では新機能開発・コンテンツの拡充及び新規ユーザ獲得を、オンライン英語コーチングサービス「スパルタバディ」ではコーチ増員や導入企業・会員の拡大を目指す。

また、appArrayのミッションである「マルチリンガルになれる時代を創る」ためにも、新たな英語学習アプリの開発も進めていく。

AI英会話「スピークバディ」について

スピークバディは、AI(人工知能)と高精度音声認識を活用して、いつでもどこでも一人で英会話の練習ができるように開発された、スマートフォン向けの英語学習アプリ。

このアプリは、文脈のあるコミュニケーションを通じて、実際の場面で英語が話せるようになるという言語習得理論に基づき開発されている。

会話で頻出のフレーズを使用場面・目的と共に学び、それらを使う練習を積むことができる。

AIキャラクターが会話相手のため、実際に外国人と話すのとは異なり、ミスを気にして緊張することなく英会話の練習を続けられる。

「スパルタバディ」について

スパルタバディは、オンライン完結型英語コーチングサービス。

本気で英語を習得したい人のために、プロのコーチが専用のカリキュラムを作成、毎日のチャットと週1回の電話で徹底サポートし、テストや課題を通じて英語力上達へコミットする。

オンライン完結型にすることで、他のコーチングスクールと比べて、非常に低価格のサービス提供を実現(約1/5の費用、appArray調べ)。

appArrayへの出資者からのコメント

ディップ株式会社 執行役員 進藤圭氏

英会話学習は長年ブームですが、私には続かなかった経験しかありません。でも、そんな人は世界中にいますよね。スピークバディはアプリでAIと会話をしながら練習するので続けやすく、私でも習得できそうな気がしています。安いし。(おフトンの中で続けています)

スピークバディをつくるappArrayは立石さんと言語学習マニアなメンバー、クレバーなAIアプリと人間臭いリモートコーチングのプロダクトで、ありそでなかった世界進出できるスケーラブルなスタートアップです。
このチームなら、つながりやすい世界をつくってくれると期待しています。

Reality Accelerator 代表パートナー 郡裕一氏

日本のスタートアップの現場でも海外に進出するケース、外国人人材を採用するケースの両方で英会話の緊急度・重要度が上がっています。私自身も投資先スタートアップが海外進出していたり、CEOやチームメンバーに外国人がいるスタートアップが増えており英会話の緊急度が上がっていたところ、スピークバディのアプリにも自分で課金させて頂き、ランニングしながら英会話学習メニューをこなせています。精度の高いAIによるコストメリットを活かし、言語による世界の壁を壊してくれることを期待しています。

スパルタバディ
EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録