シェアウィズとコースベースが提携、「Coursebase」を通して法人向けのオンラインコースの配信を開始

オンライン学習プラットフォーム「ShareWis」を運営する株式会社シェアウィズ(本社: 大阪府大阪市、代表取締役 辻川友紀、以下シェアウィズ)は、次世代LMS「Coursebase」を運営するコースベース株式会社(本社: 東京都渋谷区、共同代表取締役社長 ジョン 英誉 マーティン、ビリー 昂祐 マーティン)と提携し、Coursebaseを通して法人向けのオンラインコースの配信を開始することを発表した。

「Coursebase」を導入している企業は、「ShareWis」に掲載されたプラグラミングやビジネススキル等、多分野に渡る300以上のオンラインコースを購入することが出来るようになる。

シェアウィズとユーザベースの提携の背景

株式会社シェアウィズは、「学習コンテンツの流通を最適化し、学ぶ希望が見つかる場所をつくる」を企業ミッションとして掲げ、優れた動画教材を法人、個人を含めたさまざまなチャネルで配信している。

今回の提携は学習コンテンツの流通チャネルの強化の一環として行われるもので「Coursebase」を利用する大手企業向けに、「ShareWis」に掲載されたオンラインコースを配信する。

「Coursebase(コースベース)」とは

コースベースが提供する「Coursebase」は、企業研修を効率的に運用するためのクラウド型のラーニングマネジメントシステム (LMS) 。

優れた操作性と利用者の高い研修完了率が特徴で、各業界の大手企業を中心に導入が進んでいる。