ロボットプログラミング教材「プリモトイズ キュベット」、教育 IT ソリューション EXPOに初出展

プリモトイズ日本販売総代理店のキャンドルウィック株式会社(東京都千代田区、代表取締役 シルベスタ典子)は、6月19日(水)~6月21日(金)に開催される「第10回教育ITソリューションEXPO」に初出展することを発表した。

会期中は毎日、ロボットプログラミング教材「キュベット」を使った模擬授業を行う。

「プリモトイズ キュベット」とは

「キュベット」は、イギリスで開発されたプログラミングツール。クラウドファンディング “Kickstarter” で、EdTech 関連製品として歴代最高額の160万ドルを集めたことで、世界的に注目された。

現在、日本でも100を超える教育機関で導入されており、2020年の小学校でのプログラミング教育必修化に向け、教育機関との連携を進めている。ブースでは、小学校向けに開発した教材セットを使った模擬授業を体験することができる。

キュベットはコンピュータやタブレットを使用せず、手で触れることのできるコーディングブロックでプログラミングをしてロボットを動かす。グループワークに適しており、複数教科で活用できるので、小学校の授業にも使いやすい教材となっている。

小学校向けに開発した教材セットは、プログラミングが初めての先生でもすぐに授業を実施できるよう、指導法を解説したDVDと、学習指導要領に即した教科別の活用ヒント集を用意し、黒板に貼って子どもたちの考えを学級で共有できる大型の資料も付属している。

第10回教育ITソリューションEXPO 出展概要

 期間

2019年6月19日(水)~21日(金)10:00~18:00(最終日のみ 17:00 終了)

会場

東京ビッグサイト青海展示棟 プログラミング・STEMゾーン <B2-11>

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録