関西大学、2020年度4月からデータサイエンティスト育成プログラムを新設

関西大学システム理工学部が、正規教育課程の一環として、本格的なAI人材を創出する「データサイエンティスト育成プログラム」(仮称)を、2020年度4月から導入することを発表した。

「データサイエンティスト育成プログラム」(仮称)概要

ビッグデータやロボットなど先端技術の急速な発達により、AI人材が不足している昨今。

政府がAI戦略を推進するなかで、関西大学においてもAI・IoT時代のデータサイエンスのスペシャリストの育成に取り組んでいく。

本プログラムは、企業ならびに高校とも連携しながら、高校・大学のデータサイエンス教育を柔軟に取り組むことができる教育システム。

2020年度からまずは電気電子情報工学科にて導入し、20人程度の人材輩出を目指す。その後、対象学科を順次拡大する予定。

教育プログラム

1・2年次でデータサイエンティストに必要不可欠なコンピュータ科学の基礎と実装のためのプログラミング技術ならびにコン ピュータサイエンス技術を習得。

3年次でAI・IoTをモノづくりに活用するための応用技術を磨き、4年次でプロジェクトチームによる開発体験や企業での開発インターンシップを通じて実践的なAI・IoT技術を習得する。

パナソニックの技術開発部門でのインターンシップ体験

就職活動のためのインターンシップとは異なり、特別の秘密保持契約を結んだ上での業務体験ゆえに、実際のプロジェクトチームの一員として技術開発にあたるなど、実践的な技術を習得することができる。

2019年3月に4人の学生(現大学院生)が体験し、「工場のネットワークの信頼度はどれくらいかを評価するため、ネットワークの攻撃を行った。通常の大学院では出来ない経験だった」「設備の劣化を自動的に判断するAIの開発に従事。製造現場のデータを実際に入手して分析し、開発するAIの需要まで予測することは大学ではできないので、非常に有益だった」などの感想が寄せられている。

高校生向けセミナーも展開

2017年から、高校生向けデータサイエンスセミナーを開講し、大学教育の入門編としてAI人材の芽を育てる取り組みも展開している。

入口教育として高校と連携し、実践編として企業との連携教育の取り組みは他になく、国内初の試みといえる。

これまで武庫川女子大学附属中学校高等学校など5校でプログラミングコースとロボット専門コースを開講し、2年間で既に110人の生徒が受講している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録