デジタル・ナレッジ、mpiの学習塾向け小学校英語教材『mpi英語プログラム』にAIスピーキングオプション機能搭載へ

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)と、児童英語教育40年の株式会社mpi松香フォニックス(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:竹村千栄子、以下mpi)が提供する学習塾向けデジタル教材『mpi 英語プログラム』に、AI(人工知能)の音声認識によるスピーキング判定オプション機能を追加したことを発表した。

これにより、AIの音声認識技術で学習者の回答(スピーキング)を3段階で判定すると同時に、「どう聞こえたか」までを即座にフィードバックすることで、子どもが振り返りをしながら主体的にスピーキング力を鍛えることが可能となる。

『mpi 英語プログラム』AIスピーキング判定オプション機能追加の背景

2020年度より小学校で施行される新学習指導要領で「英語教育」の強化が明記されていることを受け、学習塾等における小学校英語への対応が急務となっている。しかしながら、小学校英語の指導ノウハウがない学習塾や指導者不足に悩む学習塾も少なくない。

子どもが主体的に学習を進めることができ、スピーキングを含めた英語4技能に対応した『mpi英語プログラム』は、小学生向け学習塾はもちろん、新たに小学校英語教育に参入される多くの人々をサポートする。

『mpi英語プログラム』概要

PCやタブレット・スマートフォンを活用して子どもたちが自立して学ぶデジタル教材。

学習塾をはじめ、「小学校英語」に初めて取り組む人々のために開発された。豊富な英語のインプットで、子どもたちは英語4技能(聞く・話す・読む・書く)を自然に身につけていくことができる。

特徴

上質な英語のインプットを実現

このプログラムの最大の特長は、小学生の言語習得に不可欠な音声インプットを重視した点。

学習者はタブレット等を使い「Chants(チャンツ)」「Talk(会話)」「About myself(自己表現)」「Phonics(フォニックス)」の4つのメニューを毎回のレッスンで学ぶことにより、多量の英語のインプットを実現、英語らしい発音と共に「聞く」「話す」「読む」力を身に付けていく。

バランスよく英語4技能が身につく

上記に加え、ワークブックの活用により「読む力」を「書く力」につなげることで、バランスのよい英語4技能の習得が可能。

子どもの主体的な学習で英語指導経験も不要

『mpi英語プログラム』は指導者が教えるのではなく、子どもが主体的に学べるeラーニングプログラム。スタート時期や習熟度に左右されず、一人ひとりのペースで学ぶことが可能。学習塾業界の大きな悩みと言われている英語指導者不足の解決にもつながる。

学びのプロセスがわかりやすい

プログラムはスタートからゴールまで10級~1級までの10の級立てと120のステップに分かれており、学びのプロセスがわかりやすく工夫されている。今の自分のレベルを理解しながら、着実に英語の力を身につけることができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。