KADOKAWA、小学生向けプログラミング教本『アナと雪の女王 ディズニーはじめてのプログラミング』を発売

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、ディズニー初の小学生向けプログラミング教本『アナと雪の女王 ディズニーはじめてのプログラミング』を2019年4月20日(土)に刊行した。

『アナと雪の女王 ディズニーはじめてのプログラミング』概要

本書では、2020年度、小学校で必修化されるプログラミングの基本的な考え方を、『アナと雪の女王』おなじみのキャラクターたちを動かしながら楽しくマスターできる。

非営利組織code.orgが開発した無料特設サイト上で、本書で紹介するアクティビティをこなしていけば、プログラミングの考え方をゲーム感覚で身につけることができる。

内容

論理的な考え方、計算力、問題解決の力が身につく楽しいワーク!

ブロックを組み合わせて、子どもにもわかりやすくコードを学べるプログラミング言語「Blockly(ブロックリー)」を使ってコードを作成。ブロックを組み合わせて、子どもにもわかりやすくコードを学べるプログラミング言語「Blockly(ブロックリー)」を使ってコードを作成。

アナやエルサたちといっしょに、プログラミングを使って、氷の上にいろいろな模様を描いてみることができます。アナやエルサたちといっしょに、プログラミングを使って、氷の上にいろいろな模様を描いてみることができる。

定価

本体1,200円+税)

発売日

2019年04月20日


©Disney