ETSとCIEE国際教育交換協議会、英語教員対象「TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップ」を開催

TOEFL®テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)(所在地:本部米国ニュージャージー州プリンストン)とTOEFLテスト日本事務局を務める国際教育交流団体の一般社団法人CIEE国際教育交換協議会(所在地:東京都渋谷区、代表理事:上原 ケイシー トーマス)は、2019年7月から9月にかけて、英語教員対象「TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップ」(Propell® Workshop for the TOEFL iBT® Test)を開催することを発表した。

「TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップ」開催の背景

TOEFL iBT®テストPropell®ワークショップは、TOEFL®テスト開発・運営元の米国非営利教育団体Educational Testing Service(ETS)が世界中の英語教員向けに開催しているワークショップ。

4技能の英語力を測定するTOEFL iBTテストの問題や採点体験、他の教員とのディスカッション等を通じて、アカデミック英語についての理解を深め、今後の指導に役立ててもらうことが主な目的である。

日本では2011年よりETSとTOEFLテスト日本事務局のCIEE国際教育交換協議会(CIEE Japan)が共同で実施している。

2019年は7月から9月にかけて、スピーキングとライティングに特化した半日ワークショップと4技能を取り扱う1日ワークショップを開催。

スケジュール

半日ワークショップ(2技能 Speaking & Writing)

都市 日程 時間 場所 講師
(ETS Authorized Propell Facilitators)
東京 7/27(土) 13:00~
17:00
東京八重洲
ホール
津田 信男先生
(甲南大学)
仙台 8/21(水) 13:00~
17:00
東北大学※ 宇佐美 修先生
(栄光学園中学校・高等学校)

1日ワークショップ(4技能)

都市 日程 時間 場所 講師
(ETS Authorized Propell Facilitators)
沖縄 8/12(月) 9:30~
16:45
名桜大学※ 横川 綾子先生
(明治大学)
東京 9/7(土) 9:30~
​16:45
東京八重洲
ホール
五十峰 聖先生
(立命館アジア太平洋大学)
大阪 9/21(土) 9:30~
​16:45
新大阪
丸ビル別館
田岡 千明先生
(神戸女学院大学)

※仙台は東北大学、沖縄は名桜大学との共催で実施される。

対象 英語教員(小・中学校、高校、大学、専門学校、語学学校等)
定員 各30名
内容 (2技能)TOEFL iBTテストにおけるSpeakingおよびWritingセクションの採点基準・方法、クラスでの学習活動や学習者への指導方法等の紹介
(4技能)TOEFL iBTテスト(Reading、Listening、Speaking、Writing)の概要説明、SpeakingおよびWritingセクションの採点基準・方法、クラスでの学習活動や学習者への指導方法等の紹介
使用言語 ワークショップは英語で行われる。
参加費 (2技能)2,000円(ワークショップ使用ETS作成Propell kit代含む)
(4技能)3,000円(ワークショップ使用ETS作成Propell kit、昼食代含む)
参加特典 ワークショップ参加者は、参加後、TOEFLテスト日本事務局運営「TOEFL®テスト公式教材ショップ」の教材を特別割引価格で利用できる案内をもらうことができる。

※1日ワークショップの主要部分は前回(一昨年)と同様の内容。また、半日ワークショップにおいては1日(4技能)ワークショップで取り扱うSpeaking & Writingセクションの内容が中心となる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。