イッツ・コミュニケーションズが日本で一番ハードルの低いロボット相撲大会『ヘボコン2019』を7月21日に開催

イッツ・コミュニケーションズ株式会社(本社:東京都世田谷区社長:嶋田創)は、技術力の低い人達が自作のロボットを持ちよりロボットバトルをするという、大人も子どもも楽しめるイベント『技術力の低い人限定ロボコン 通称 ヘボコン』(以下、ヘボコン)を、イベントハウス型飲食店「東京カルチャーカルチャー」にて7月21日(日)に開催することを発表した。

ヘボコンとは

ヘボコンとは、出場条件の“ヘボいロボット”がそのままイベント名となっており、技術力の低い人のためのロボット相撲大会。

まともに動かない、できの悪いロボットばかりが集まり、おぼつかない足取りでトーナメントを戦う。優勝者の他、大会を通して一番ヘボかったロボットに贈呈される「技術力が低かった人賞」を参加者投票により決定する。

ヘボコンは2014年に、デイリーポータルZの編集者でもあるヘボコンマスター・石川大樹氏が企画し、同年7月19日に東京で第1回目を開催した。

また、2014年の第18回文化庁メディア芸術祭の審査員会推薦作品(エンタテーインメント部門)に選ばれたのをきっかけに各国のメディアに取り上げられ、今や米国、メキシコ、イギリス、中国、モロッコなど世界25カ国以上・南極以外の全大陸で開催され、2016年は初のワールドチャンピオンシップも開催した。

『技術力の低い人限定ロボコン 通称 ヘボコン』開催概要

日時

2019年7月21日(日) 18:00開演 (17:30開場)

会場

東京カルチャーカルチャー

観戦チケット

前売り2,500円 / 当日3,000円 (別途ワンドリンク注文が必要)

参加定員

32チーム *応募多数の場合は抽選

優勝、審査員賞、最も技術力が低かった人賞(会場投票)

競技内容

ロボット相撲

基本ルール

100cm x 50cmくらいのベニヤ板が土俵 両側から同時にマシンをスタート(両端でなくてもよい)

土俵から先に出たら負け、転倒したら負け

以下の場合は負けではなく試合を継続

接地していない箇所が土俵から出る、壊れる(外れた部品が土俵の中や外に落ちることも含む)

ローテクルール

ここから先は、できの悪いロボットでも活躍できるようにする目的で考案されたルール。

マシン同士が接触しないうちにどちらかが土俵から出た場合は、試合が成立していないとみなし、やりなおし。(コントロール性能の悪いロボットや、高速で直進するロボットが不利になるのを防ぐためのルール)ただし、やりなおしは1試合につき2回まで。3回目はこのルールの対象にならない。

1試合の制限時間は1分。1分以内に勝負がつかない場合は移動距離が短いほうが負け(移動しない重いだけの機体(鉄球とかレンガ)が最強になることを防ぐためのルール)

判定が難しい場合

上記ルールで判定が難しい場合、最終的にはオーディエンス(観客)が勝敗を決定する。

マシン規定

以下の条件を満たすロボットで参加。

  • 技術的に稚拙であること(ハイテクノロジーペナルティの項参照)
  • 故意に相手のマシンを破壊する装置(自走式電動ドリル等)は禁止
  • サイズは横50cm縦50cm以内(高さ制限なし)、重さ1kg以内

ハイテクノロジーペナルティ

以下の機能を製作者が自力で実装し、作動させると、技術力が高すぎるためペナルティが課せられます

  • 遠隔操縦
  • 自動操縦(各種センサーの情報や時間経過、移動距離等をトリガーとしたコントロール)
  • その他、審査員が高度であると認めた機能

ペナルティはその機能を使用した試合ごとに計算。使用しなかった試合では適用されない。

開発者の技術力によらない実装方法であればペナルティはつかない。例:市販のラジコンキットの上にウサギのぬいぐるみを貼り付けただけのマシンは、遠隔操縦のペナルティを受けない。

高度な機能であっても、実装に失敗し、全く機能していない場合はペナルティはつかない。例:敵を自動追尾するはずが、その場でグルグル回ってしまう。

「審査員が高度であると認めた機能」について、自身のロボットが該当するかどうかは、事前に主催者に確認することができる。

・ペナルティの減点は、1試合1機能あたり6点。複数の機能を使用した場合は重複して加算される。