文部科学省が、「グローバル化に対応した英語教育改革実施計画」を発表

文部科学省は、12月13日、初等中等教育段階からグローバル化に対応した教育環境作りを進めるため,小中高等学校を通じた英語教育改革を計画的に進めるための「英語教育改革実施計画」を公表しました。

 

グローバル化に対応した英語教育改革実施計画
グローバル化に対応した英語教育改革実施計画 www_mext_go_jp_b_menu_houdou_25_12___icsFiles_afieldfile_2013_12_13_1342458_01_1_pdf 2

いかがでしょうか。小学校5・6年生向けの時間割などはかなり具体的で変わっていくイメージが湧きます。実現に向けての大きな課題は英語を指導する人間の不在ということでしょうか。

また、外部人材の活用や指導用の教材開発、モジュール指導用ICT教材の開発・整備といったことも明言されていますので、テクノロジーを活かした民間企業・スタートアップにとっては新たなチャンスとなるかもしれません。

※全体資料は文部科学省のホームページから手に入ります。グローバル化に対応した英語教育改革実施計画

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

Takehiko Sakuma

EdTech(教育×テクノロジー)をテーマにした「EdTech Media」、教育・EdTech領域専門の転職サービス「Education Career」を運営する、株式会社ファンオブライフ代表取締役。取材希望や採用でお困りの企業様はお気軽にお問い合わせください。Twitter:@sakutakefol