ポリグロッツ、英語スピーキング評価AI技術CHIVOXを搭載した「英語発音評価機能」をリリース

株式会社ポリグロッツ(東京都新宿区、代表取締役:山口隼也)は、アイード株式会社(東京都渋谷区、代表取締役:宮澤瑞希)が日本国内で独占販売するchivox社(本社名称:苏州驰声信息科技有限公司、代表取締役:林远东)の製品、英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX (チボックス) 」を搭載した「英語発音評価機能」をリリースしたことを発表した。

これにより、学習者一人一人の英語発音を評価することが出来るようになり、スピーキング自主学習の精度が向上する。

「英語発音評価機能」リリースの背景と目的

2020年の東京オリンピックを契機とした「インバウンド海外旅行者の増加」や、「2020年度から始まる大学入試での英語試験改革」、「労働人口不足による海外労働者の増加」、さらには「グローバル社会でのさまざまな分野での日本人の活躍」という観点において、「日本人の英語力向上」は最大にして、喫緊の課題となっている。

特に、日本人はスピーキング能力が低く、自主学習だけでは向上することが難しいのが現状だった。

この現状を打破すべく、英語スピーキング評価のAI「CHIVOX」をPOLYGLOTSアプリ内に搭載することで、自主学習でもスピーキング能力の向上が可能と確信し、「英語発音評価機能」が誕生した。

「英語発音評価機能」とは

POLYGLOTSアプリ内の「 Ordinaly Day(※1) 」「 単語リスト(※2) 」メニューに搭載された。表示されている英文を読み上げることで、「CHIVOX」が自動的にスピーキング力を評価してくれる。

特に、発音を修正・強化すべき部分に関しては「赤字」で表示することで、学習者の自主学習をサポート。また、評価スコアも表示されますので、学習者の学習モチベーションアップにも繋がる。

発音評価スコアを表示するには、別途有料会員になる必要がある。

(※1) 日本最大級の英会話フレーズ( 400Unit , 1,000フレーズ )搭載 POLYGLOTS独自コンテンツ。(※2) 記事を読んでいる時に学習者が検索した単語が蓄積され、オリジナルの単語帳が作成される。

英語発音評価の使い方[ Ordinaly Day ]

1. 画面下部のグローバルメニューから「スピーキング/ライティング」を選択し、Ordinaly Dayカテゴリ一覧から興味のあるカテゴリを選択。

2. 興味のあるユニットを選択し、ユニットタイトル画面で「Speaking」を選択すると英会話フレーズが展開。ユニットの最後に英会話について英文の選択肢が表示される。

3. 正解の選択肢の英文に対して「発音チェック!」ボタンが表示される。

  • スピーカーのアイコンをタップすると、ネイティブのスピーカー英文を読み上げる。
  • マイクのアイコンをタップすると、発音チェックが出来る。
  • 発音チェックの結果として、学習者の英語発音に対してスコアが表示される。
  • また、発音改善が必要な部分に関しては、赤字で表示される。
  • 何度でも発音チェックが可能なので、赤字が無くなるまで繰り返すことが出来る。

英語発音評価の使い方[ 単語リスト ]

1. メニューから「単語学習」を選択し、自主学習したい単語リストを選択。英単語発音チェックしたい英単語を選択。

2. 「発音チェック」アイコンをタップすると、発音チェックが出来る。発音チェックの結果として、学習者の英語発音に対してスコアが表示される。

POLYGLOTS(ポリグロッツ)とは

自分の好きな世界中の英語ニュース(BBC、TheJapanTimes、Techcrunch、AsahiShimbun、JIJI PRESS NEWS他多数)を利用しながら、英語学習ができ、All In One型の英語学習アプリ。

リーディング学習だけでなく、リスニング学習、単語学習、英会話フレーズや英文法学習もできる。

94%の利用者がPOLYGLOTS利用後に、TOEIC®、TOEFL®のスコアアップを達成しており、2018年2月ゼネラルリサーチ社調べの「英語力の向上を実感できる英語学習アプリNo.1」「継続できる英語学習アプリNo.1」を獲得している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録