コード・クリサリス、シリコンバレー式のコーディングブートキャンプで英語を学ぶ「English for Engineers」をスタート

コード・クリサリスが3週間で英語でのペアプログラミング、「アジャイル」方式でのコミュニケーション、プレゼンテーションスキルなどを経験し、スキルアップを目指す新プログラム「English for Engineers」をスタートした。

コード・クリサリスとは

コード・クリサリスは、日本初のシリコンバレー式プログラミング・ブートキャンプ。

3ヶ月間英語でプログラミングを学ぶImmersiveや初学者向けのFoundations、実践のための英会話コース「English for Engineers」のほか、毎月無料で参加できるプログラミングのイベントも開催している。

生徒の約66%が外国人、卒業後はグローバルな環境で年収アップを実現。

コード・クリサリスでは生徒の半数以上が外国人という国際色豊かな環境が整っており、自然とグローバルな視野や異文化・多様性が養われる。卒業後は自信を持って国際色豊かな企業や外国人と働くことが可能になる。

多くの卒業生がスタートアップや一流企業に就職し、コード・クリサリス卒業前に比べ大幅な年収アップを実現している。

卒業生へオファーを出した企業一覧(一部)

「English for Engineers」とは

「English for Engineers」は、エンジニアと言語スペシャリストの共同チームによって考案された新しいプログラム。

このクラスは、グローバルエンジニアに必要なコミュニケーションスキルを身につけることや、コード・クリサリスが提供するImmersive やFoundationsに興味を持ちつつも英語環境に若干不安を持っている人をサポートできるように構成されている。

こんな人おすすめ

  1. 外国人上司や社内のチームメンバーともっと積極的にコミュニケーションを取りたい。
  2. 海外のクライアント向けにスマートに英語でプレゼンテーションしたい。
  3. エンジニアというキャリアに興味があり、プログラマーとして必要な英語を身につけたい。
  4. 日本のみならず、世界を舞台に活躍できるエンジニアになりたい。
  5. 英語でのコミュニケーション能力を磨きたい。
  6. ブートキャンプに入るための基礎知識や、シリコンバレー式の環境の中で学びたい。

「世界に通用するコミュニケーション力」に焦点をあてているので、エンジニア以外の人も歓迎している。

このクラスはネイティブスピーカーの指導の下、日本にいながらもシリコンバレー式を体感することが可能な環境になっている。

コースの詳細

3週間で英語でのペアプログラミング、「アジャイル」方式でのコミュニケーション、プレゼンテーションスキルなどを経験し、スキルアップを目指す。

授業料

「English for Engineers」を単独で受講、又はコーディング初心者向け基礎講座「Foundations」と同時に申し込みと特別割引を受けることができる。