N高が実践的な金融教育「N高投資部」を設立、特別顧問に村上世彰氏が就任

学校法人角川ドワンゴ学園 N高等学校(以下、N高)は、5月22日に「N高投資部」を設立することを発表した。

「N高投資部」設立の背景

N高は、子どもに向けた金融教育に力を入れている一般財団法人村上財団のバックアップを受け、実際の株式投資を通して“生きた金融教育”を提供する課外活動「N高投資部」を設立する。

2022年から成人年齢が18歳に引き下げられることを受け、新学習指導要領でも自立した消費者を育むため金融教育の充実が図られている。

「N高投資部」では、株式投資を体験することで、主体的に経済動向を意識し、実社会に向き合う姿勢を育む。村上財団と特定の学校との取り組みは初の試みとなる。

「N高投資部」の部員はネットコース・通学コース問わず全校生徒から希望者を募り、書類選考ののち、審査を通過した50名程度で活動する。

50名は5名1チームを組み3月の最終成果発表ではチームごとの成績を報告。公開株の買い付けを行うための運用資金は一人当たり20万円を村上財団から支給を受け、生徒にはリスクのない投資の機会を用意。

投資未経験の部員も定期的に行われる、証券会社による「株式投資を一から学ぶ授業」や、社会人に向けた数学・統計学の教室を運営する、すうがくぶんか社による「投資に活かせる統計指導」を受け知識を深める。また、モチベーションが高く、投資のために本気で勉強する優秀な生徒には、運用資金を増額する制度も設けている。

特別顧問には、多くの中高生を対象に投資教育を行っている投資家の村上世彰氏を迎え、投資のプロとして世界で活躍してきた村上氏が、生徒一人ひとりの運用報告について直接フィードバック。

N高投資部では、投資のプロによる金融教育と実際に公開株を運用する実践的な経験を通じて、自ら考え、判断する力を育んでいく。

また、「N高投資部」設立を記念し、高校を舞台に投資をテーマにした漫画『インベスターZ』とのコラボレーション企画を実施。

著者の三田紀房先生が同部のメインビジュアルを描き下ろしたほか、『リアル投資部誕生記念!インベスターZ 1〜5巻無料合本版』と題した電子書籍版の無料キャンペーンを実施する。

村上世彰氏からのメッセージ

『子どもはお金のことなんて考えなくていい』そう考える大人が、まだまだこの国には少なくありません。その証拠に、日本の学校ではお金のことをほとんど教えていません。結果、子どものころにお金について学ぶ機会がなく、正しいお金の使い方を身に付けないままに社会に出ていく人たちが多いのではないでしょうか。ぜひ子どもたちには、『お金は汚いものでも悪いものでもなく、ただの道具でしかない』ということを知ってもらいたいと願っています。

これまでも数々の先進的な取り組みをされているN高校が、今回『お金の教育』に目を向け、実際の株式投資を通して“生きた金融教育”を提供する課外活動『N高 投資部』を設立するというチャレンジに共感し、特別顧問に就任して応援させていただくことになりました。『N高 投資部』部員の皆さんが高校生の間に本気で株式投資に挑戦することで、どんな学びを得ていただくか、とても楽しみにしています。

村上世彰氏プロフィール

投資家。1959年大阪府生まれ。1983年、通産省(現・経産省)に入省。国家公務員としてコーポレート・ガバナンスの普及に従事する。独立後、1999年から2006年まで投資ファンドを運営。現在、シンガポール在住。著書に『生涯投資家』(文藝春秋)『いま君に伝えたいお金の話』(幻冬舎)などがある。


「N高投資部」概要

内容

実際の株式投資を通して、金融の知識と主体的に経済動向を追う姿勢と身につける。

部員数

50名程度(5名1チーム制)

活動期間

2019年6月~2020年2月

入部資格

N高等学校に在籍する者。課題図書を読みレポートを提出後、書類選考を通過した者。

今後の活動予定

  • 2019年5月~6月 :書類選考、投資部部員決定
  • 2019年6月~2020年2月 :投資・統計学に関する講義、村上氏によるフィードバック、増額の審査
  • 2020年2月 :最終結果報告、村上氏によるレビュー・・学内で1年間の結果を発表
  • 2020年3月 :「N高投資部」結果報告会・・投資部の成果を学外へ発表する

『リアル投資部誕生記念!インベスターZ 1〜5巻無料合本版』無料キャンペーン概要

内容

『インベスターZ』 1〜5巻が1冊となった電子書籍が期間限定で無料で楽しむことができる。

期間

2019年5月22日(水)~ 6月14日(金)


EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。