多様な保育現場を運営するフローレンス、全社員約600人にビジネスチャット「Chatwork」を導入

病児保育や障害児保育など、多様な保育現場を運営する認定NPO法人フローレンスは、今回ビジネスチャット「Chatwork」の全社導入を決定した。

フローレンスは「親子の笑顔をさまたげる社会問題を解決する」というミッションを掲げ、「訪問型病児保育」「障害児保育」「小規模保育」「シチズンシップ保育」など、常識や固定概念にとらわれない多様な保育に挑戦するNPO法人。

現在、フローレンスは25の保育施設を運営し、約7000を超える家庭に訪問型保育を提供する事業者として、約500名の保育現場スタッフ、約100名のバックオフィススタッフが働いている600人規模の団体である。

フローレンスの「Chatwork」導入背景

フローレンスでは、2018年度よりバックオフィススタッフの一部でChatworkの試用をスタート。

業務上のコミュニケーションは、外部との公式なやりとりから同僚とのちょっとした意見交換まで様々な頻度、濃淡で行われるが、全てのコミュニケーションをメールや口頭でやりとりすることの非効率を課題と感じていた。この課題に対し、即時性が高く、かつ検索やタスク管理機能に優れたChatworkが業務上のやりとりに非常に適していることがわかった。

チャット形式のゆるやかなコミュニケーションが、対人関係における心理的ハードルを下げ、活発な情報交換が行われるようになった。

フローレンスの保育現場においても、これまで業務のコミュニケーションにはメールと電話を主に利用していたが、情報共有のスピードや意思疎通に課題が生じていた。

これらの課題を解決すべく、保育現場でのコミュニケーションでChatworkを活用し、業務効率化を推進していく。また、情報共有のプラットフォームをChatworkに集約することで、情報セキュリティリスクの低減を目指す。

フローレンスの「Chatwork」導入事例

2019年4月よりフローレンスは「障害児保育園ヘレン」の現場スタッフ(保育士、看護師、福祉関係等)に向けて Chatworkの導入を開始、社用アカウントを個人のスマートフォンに設定し、業務連絡のやり取りを開始。

各人のITスキルはまちまちだが、Chatworkは年齢やキャリアを問わず使いやすいツールとして好評である。

今後は病児保育スタッフ、障害児居宅スタッフ、各保育施設に勤務するスタッフと段階的に導入を進め、最終的に今年度12月末までに全社導入を完了する予定。今夏からは、全社横断の業務効率化のために、全スタッフがアクセスできる統一された情報共有の仕組みを作ることができる。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録