立教大学、学生向けキャリア・就職支援プログラム「社会を知る講座」の2019年度第1弾「データドリブン社会の到来」を5月28日に開催

立教大学キャリアセンター(東京都豊島区、部長:佐々木宏)は、5月28日(火)、全学生を対象としたキャリア・就職支援プログラム「社会を知る講座-データドリブン社会の到来-」を開催することを発表した。

「社会を知る講座」の2019 年度第1弾となる「データドリブン社会の到来」は、ANA ホールディングス株式会社、ストアーズ・ドット・ジェーピー株式会社、株式会社フライウィール、日本マイクロソフト株式会社の協力を得て開催。

データ活用の重要性が高まる社会を見据え、求められる働き方や経験、データにより社会はどのように変わるのか、などをテーマとして、4社の具体的事例に基づいて考える。

「社会を知る講座-データドリブン社会の到来-」開催概要

立教大学は2020 年4 月にAI に特化した大学院 人工知能科学研究科を設置する等、常に社会の流れを踏まえた教育プログラムを展開しているが、本講座でもソサエティ5.0 等、急激に変わる社会の変化について学生にわかりやすく伝える機会として実施している。

1年次生から受講可能で、学生自身が社会の変化を把握した上で、仕事理解を深め、興味の幅を広げることで学生生活を充実させ進路選択(キャリア)を考える機会を提供する。

2018 年度は延べ15 企業・団体の協力を得て4回のプログラムを実施、2019年度は「データドリブン社会の到来」を皮切りに4 回の開催を予定。

日時

2019 年5 月28 日(火)17:30~19:00

場所

立教大学池袋キャンパス8号館1階(8101教室)

対象

立教大学学生

2019年度に予定している「社会を知る講座」

  • 第1回(5/28):データドリブン社会の到来
  • 第2回(6/17):デジタル化する広告業界、
  • 第3回(7/2):沸騰するインバウンド・ビジネス
  • 第4回(7/11):AI によるモビリティ革命

ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。