サイトビジットとAI TOKYO LABのAIによる国家試験問題出題予測サービス「未来問」、司法予備試験的中率は60%

難関法律資格に特化したオンライン学習サービス「資格スクエアを運営する株式会社サイトビジットでは、5月19日に試験本番を迎えた司法予備試験に向け、AIによる試験問題 出題予測サービス「未来問(みらいもん)」をAI TOKYO LAB株式会社と提携し開発。

試験本番を終え、実際出題された試験問題と本サービスを照合した結果、95問中57問の予測が的中し、カテゴリー的中率は60%を記録した。この60%は司法試験予備試験 短答式試験の合格基準と同水準。

今後は8月の社労士試験、10月の宅建士試験など立て続けに未来問を提供予定で、2020年1月に行われる大学入試センター試験への未来問開発も予定している。

「未来問」の今回カテゴリー的中した問題例

「未来問」概要

AIが過去の出題傾向を学習することで予測可能となったAIによる試験問題 出題予測サービス「未来問(みらいもん)」は、昨年10月に2,600名が受験し78%の的中率を記録した宅建士試験「未来問」に続く第2弾。

5月19日に試験本番を迎えた司法予備試験に向けAI TOKYO LAB株式会社と提携し開発されたもので、4月29日より無料提供を開始した。

試験当日まで2,522名が利用しており、これは司法試験予備試験受験者 全体数に対し22.6%に相当する。(2018年受験者数11,136人)

今年は他にも8月の社労士試験、10月の宅建士試験など立て続けに未来問を提供予定で、2020年1月センター試験への未来問開発も予定している。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。