企業向けナレッジシェアアプリ「TANREN」、経済産業省推進の2019年度「IT導入支援事業者」に採択

Eラーニングアワード経済産業大臣賞、世界発信コンペティション サービス部門特別賞受賞、TANREN株式会社の提供する、企業向けナレッジシェアアプリTANRENが、経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業」の「IT導入支援事業者」に2019年度も認定されたことを発表した。

この制度を活用することで、TANRENが提供する『TANREN』を新たに導入する場合、最大で150万円(※A類型 補助上限額)の補助金を受け取ることが可能となる。

IT導入補助金概要

IT導入補助金とは、経済産業省が中小企業・小規模事業者等の生産性向上を目的とし、自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費(年間最大50%、上限額450万円)を補助することで、バックオフィスの業務効率化、新たな顧客獲得等の付加価値向上(売上向上)をサポートする制度。

平成30年度第2次補正(平成31年/2019年実施)予算では、IT導入補助金と小規模事業者持続化補助金は、ものづくり補助金も含めて、中小企業生産性革命推進事業として1,100億円の予算が計上されていて、より多くの事業者が補助金を活用できるようになった。

TANRENについて

TANRENは、現場のアナログな接客/接遇/営業等のノウハウをデジタルの力で「可視化」「体系化」を実現した、【ルーブリックアプリ】。

小さな改善からスタートする事で、”昨日の自分を超える”成功体験を提供し、TANRENを通じて人間力を3年以内で磨き上げ、30年後には技芸として完成する環境作りを「事業ビジョン」として掲げており、固定概念にとらわれない、自由な発想から0から1を生み出し、新しい価値で世の中に変化を与えていく事を「起業の志」としている。


ABOUT US

Natsuki Shinbo
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。