産経ヒューマンラーニング運営の「産経オンライン英会話」、AIを活用した発音・会話力判定のサービス「Aispeak」を5月27日から開始

産経ヒューマンラーニング株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:田中雄介)が運営する「産経オンライン英会話は、より効果的な英語学習ツールとして、アイード株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:宮澤瑞希)が提供する最先端AI(人工知能)を活用した発音・会話力判定のサービス「Aispeak(アイスピーク)」を5月27日から開始する。

単語、センテンス、パラグラフの発音および流暢さまでを詳しく判定する技術を活用して、日本人が苦手とし、かつ自習しづらい発音を効果的に学習し、ネイティブスピーカーに通用する英語の習得に役立てることを目的としている。

「Aispeak」サービス提供開始の背景

英語の上達には、単語の発音練習、ダイアログや長文の音読、シャドーイング、ディクテーションといった、声に出したり、聞いたことを書きとったりする反復練習が不可欠。

これまでも、受講生の発音チェックは外国人講師とのマンツーマンレッスンの中で実施してきたが、発音の矯正については他人の客観的評価を必要とするため、レッスン以外の自己学習がしづらいという課題があった。

Aispeakに導入するAIは、中国発の英語スピーキング評価AI技術「CHIVOX(チボックス)」。

これまでに132の国及び地域、1000社以上の企業で導入され、1億3000万人が利用している。1日あたりのアクティブユーザーは約3500万人を数え、蓄積される大量の学習データにより精度が日々改善されている。

CHIVOXでは発話内容を音素レベルで評価することが可能なため、発音の間違いや漏れを認識し、課題を学習者に適切にフィードバックすることができる。評価対象も単語だけでなく、センテンス、パラグラフの単位で、抑揚や流暢さを含めた判定を行うこともできる。

また、対話問題の中に組み込むことや、図示されたものを状況説明させるような問題、テーマに沿って口頭で作文させるような問題にも対応することができる。

産経ヒューマンラーニングはこの技術を生かして、大人から子どもまで幅広くレベルに合わせた発音練習ツールを提供するほか、今年中に英語スピーキング能力判定テストの実施も予定している。

発音・会話力判定のサービス「Aispeak」概要

まずは5月27日に単語、フレーズ、センテンスの発音評価サービスをβ版として無料公開。

その後パラグラフの単位での評価機能やディクテーション判定機能を追加し、英語での自由回答をAIが即時に判定できるサービスとし、今秋の有料化を目指している。

サービス名

産経オンライン英会話 Aispeak(アイスピーク)

リリース

2019年5月27日(β版公開)

対象年齢

子どもから大人まで

料金

当面は無料公開、2019年秋より有料化