ロボットプログラミング教室「ロボ団」、公式キャラクター「ねずボット」「ロボにゃん」を公開

ロボットプログラミング教室「ロボ団」を運営する夢見る株式会社(大阪府堺市、代表取締役:重見彰則)は、プログラミングのおもしろさや魅力を子どもたちに伝え、子どもたちの成長を手伝うキャラクターとして「ねずボット」と「ロボにゃん」が誕生したことを発表した。

「ねずボット」「ロボにゃん」コンセプト

ねずボットとロボにゃんは、未来から来たAIロボット。ロボットプログラミング教室「ロボ団」の卒業生であるエンジニアが100年後の未来で開発した。

未来でプログラミングを駆使して活躍するロボ団卒業生が、プログラミングの可能性と「ペアラーニング」の大切さを現代の子どもたちに伝えるために、彼らを生み出した。彼らは現代の子どもたちの成長のお手伝いをすることで、自らも学び一緒に成長(アップデート)していく。

ねずボット

プログラミングが得意で、子どもたちに課題解決のためのアドバイスをくれたり、おっちょこちょいのロボにゃんのサポートをしてくれる。

ロボにゃん

ちょっとやんちゃでおっちょこちょい。だけど好奇心旺盛で、好きなことには熱中し、最後まであきらめずに頑張れるタフなところがある。

本来ねずみと猫は天敵同士だが、二人は一つの目標に向かって、お互いに協力できる友だち同士。イベントではさまざまなコスチュームで登場予定。

ねずボットとロボにゃんは、ロボットプログラミング教室「ロボ団」のレッスンで使われるテキストやノート等の教材やオリジナルグッズ、さまざまな場所やロボ団のイベント等にも登場し、ロボ団やプログラミングの魅力を多くの子どもたちとその保護者に発信する。今後、LINEスタンプも登場予定。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録