GNTとラクスル、共同でベトナム国家大学ホーチミン市科学大学と教育プログラムを実施することに合意

オフショア開発をグローバルに展開する株式会社GNT(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:ホー・トゥン・ラム)はラクスル株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:松本恭攝、東証マザーズ:証券コード4384)と共同でベトナム国家大学ホーチミン市科学大学と教育プログラムを実施することに合意した。

GNTは昨年6月にコンピューターサイエンスに力を入れているホーチミン市科学大学と基本合意書を締結し即戦力となるIT人材の育成を積極的に取り組んできた。

今回はその一環として日本発のプログラム言語であり世界中のスタートアップ企業に人気のRubyの講座を開設。

ここで学んだ学生に就職の機会を増やすと同時に企業側はエンジニア採用の強化を図る。講師にはRubyでの開発経験豊かなラクスルのエンジニアが担当する。

今後GNTはこのような講座をグローバルで需要がある他プログラム言語にも広げていく方針。

ホーチミン市科大学のRuby講座概要

開始時期

2019年5月13日

回数

全6回、1回90分の授業

対象

大学4年生

内容

ホームワークやチュートリアルを交えてのRuby言語の基礎学習

その他

全6回終了時に修了証を発行、受講後GNT或いはラクスルでインターンシップを検討

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録