リクルート次世代教育研究院が5月7日に名称変更、『スタディサプリ教育AI研究所』としてAI技術活用を推進へ

株式会社リクルートマーケティングパートナーズ(本社:東京都品川区、代表取締役社長:柏村 美生)が運営する、『リクルート次世代教育研究院』は、2019年5月7日より『スタディサプリ教育AI研究所』に名称変更したことを発表した。

『リクルート次世代教育研究院』は、教育とテクノロジーの融合、子どもの教育環境格差についての分析・研究、未来への提言を行う調査研究機関として、2015年12月に設立された。

ビッグデータを用いたアダプティブラーニング等のICT教育に関する分析・研究、子どもの教育環境格差についての分析・研究などを実施すると共に、より良い教育の創造に繋がる各種活動を行ってきた。

今回、『スタディサプリ』が保有するビッグデータの分析だけでなく、教育・学習における様々なシーンでの AI 技術の活用を推進していくため、2019年5月7日より『スタディサプリ教育AI研究所』に名称および研究内容を変更。

AI・ビッグデータの活用により『スタディサプリ』のサービス進化を加速し、教育者の負担を軽減すると同時に、学習者の個々のニーズに応じた学びを提供することによって、すべての人が未来の可能性を広げることができる世界の実現を目指していく。

『スタディサプリ教育AI研究所』活動内容

  • 『スタディサプリ』の利用データに基づく学習効果の分析・評価
  • 学習データ・教育コンテンツを活用したAI 技術の研究開発・実証実験
  • 『スタディサプリ』への AI 機能搭載および効果検証

『スタディサプリ教育AI研究所』主要研究メンバー

  • 所長 小宮山 利恵子(担当領域:AI技術の社会適用)
  • 主席研究員 山邉 哲生(担当領域:AI 技術実現のためのデータ分析基盤)
  • 主席研究員 大西 高史(担当領域:AI技術を活用した学習支援システム)

『スタディサプリ教育AI研究所』所長 小宮山利恵子氏コメント

今日、AIなどのテクノロジーの発展が著しく、社会は想像以上に目まぐるしく変化しています。教育においても、『スタディサプリ』などのパーソナライズドラーニング(学習の個別化)が可能なオンライン学習サービスが普及しつつあります。本研究所は、子どもたちがより学びやすい、理解しやすい環境を創るために、また一人ひとりの夢に一歩でも近づけるような学びとは何かを研究し、社会に還元します。最先端のテクノロジーを用いて最高の学びを子どもたちに届けられるよう、日々尽力して参ります。