WACULとODKソリューションズ、「AIアナリスト」をベースにした学校法人向けウェブサイト改善サービスにおける協業について合意

AIを活用したデジタルマーケティング自動化SaaSをサブスクリプション提供する株式会社WACUL(代表取締役CEO:大淵 亮平)は、株式会社ODKソリューションズ(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:西井生和)と、学校法人向けウェブサイト改善サービスにおける協業について合意したことを発表した。

この合意に基づき、両社で『AIアナリスト』をベースに、学校法人の課題に合わせてパッケージまたは提供形態をカスタマイズした「学校法人向けソリューション」の開発・提供を順次開始する。

WACULとODKソリューションズの協業目的

現在学校法人は、少子高齢化はもちろんのこと、2020年の教育改革を背景とした大学入試の大きな転換期を目前に控え、環境の変化にともなう様々な課題への対応が求められている。

そんな中、学校法人間における競争は今後より厳しいものとなり、学校法人のデジタルシフトは必須となると考えられる。

そうした中、学校法人の課題解決に長年貢献し、その課題を深く理解するODKと、多くの法人のデジタル課題の解決に尽力してきたWACULが協業することで、学校法人のデジタルシフトの一助となれるものと考え、協業することになった。

協業の内容

代理店契約の締結

ODKと『AIアナリスト』の代理店契約を締結し、共同で学校法人向けの営業展開を推進する。

同サービスは、AIを活用することで、ユーザーにデジタルマーケティングの知見がなくともWebサイトの運営・管理に係る業務の効率化や課題解決が可能なSaaSツールとなっており、これからデジタルシフトを進める学校法人のフェーズにフィットするプロダクトである。

学校法人等向けソリューションの展開

オープンキャンパスの案内Webサイト等に導入し、閲覧者行動を分析して情報提供の最適化を図り集客力向上を目指す等、学校法人の課題に合わせて『AIアナリスト』のパッケージ化や提供形態のカスタマイズを行い、学校法人向けの新たなソリューションとして展開していく。