Selanの21世紀型Weekendスクール「dot.school」、サマースクール第3弾として国際協力について学ぶ日帰りプログラムを7月31日~8月2日に開催

世界で「生きる」力をつけるための21世紀型Weekendスクール「dot.school」を展開する株式会社Selan(セラン)(東京都港区、代表取締役 樋口亜希)は、小学生全学年を対象として、国際協力について学ぶ日帰りプログラム「dot.school Summer 2019」を2019年7月31日(水)〜8月2日(金)の3日間開催する。

プログラムは全て英語で行われるが、バイリンガルの講師が手助けするため、初心者でも参加可能。

サマースクール概要

本プログラムは、国際連合が定めるSustainable Developmental Goals(持続可能な開発目標)について学び、そして実際に青山にある国際機関や大使館、そして六本木にあるグローバル民間企業を見学することを通じて、国際協力について実践的に学べることが特徴。

プレゼンテーション力や表現力などのアウトプットを重視し、グローバルに活躍する力を養うことを目指す。

日時

2019年7月31日(水)〜8月2日(金)の合計3日間【全日・日帰り】

対象

小学1~6年生

定員

20名(先着順)

会場

株式会社Selan本社 ※1日目は午後から青山にある国際機関及び大使館、2日目は六本木にあるグローバル企業を見学予定。

参加費用

52,000円(税別)

*英語力は問わない。基本的にレッスンは英語で行うが、バイリンガルの先生がフォローに入るため、英語ビギナーの子どもでも楽しめる内容。

プログラム概要

(1日目)国際協力とは?Overview & History

午前はレクチャー形式で国際協力、及び国際連合やSustainable Developmental Goalsについて学ぶ。午後は青山にある国際機関やカナダ大使館を訪ね、実際に使われている会議場やギャラリー等を見学する。

(2日目)Case Study of International Cooperation

午前はレクチャー形式で、国際協力を促進する民間企業の取り組みについて学ぶ。午後は六本木にあるグローバル企業を見学する。

(3日目)Presentation Day!

最終日は、2日間の学びを発信!保護者の前で、プレゼンテーションを行う。子ども自身が資料を作成し、リハーサルも行う。