LoiLo、プライバシーマークを取得

2019年4月18日 株式会社LoiLoは、一般財団法人 日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりプライバシーマークの認定を受けたことを発表した。

LoiLoは、先生・子どもたちの学びづくりをサポートする授業支援アプリ「ロイロノート・スクール」を提供している。

直感的な操作で、子どもたちの思考活動を促し、新しい双方向型の授業へと導く。幼稚園から大学、日本語学校など様々な場面で教科を問わず、利用されている。

教育機関の情報端末の導入拡大に伴う導入校数の増加に加え、欧米やアジアなどでもその輪が広がりつつある。

こうした背景から、個人情報保護について一層重視し、適正な管理が行われるよう活動を重ねてきたことが、今回のプライバシーマークの付与として評価された。

LoiLoは個人情報を扱う企業として、顧客に安心してロイロノート・スクールを利用してもらえるよう、今後も個人情報の適正な取り扱いに努めていく。

プライバシーマーク制度について

プライバシーマーク制度は、個人情報保護法に基づいた工業規格「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している事業者等を評価して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度。


ABOUT US

シンボ ナツキ
埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界専門の転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。