CA Tech Kids、小学生のためのプログラミング体験ワークショップ「Tech Kids CAMP Summer 2019 」を7月~8月にかけ東京・大阪で開催

株式会社サイバーエージェント(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋、東証一部上場:証券コード4751)の連結子会社で、小学生向けプログラミング教育事業を行う株式会社CA Tech Kids(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:上野朝大)は、小学生のためのプログラミング体験ワークショップ「Tech Kids CAMP Summer 2019 」を7月から8月にかけての期間中、東京・大阪にて開催することを発表した。

「Tech Kids CAMP」は小学生のためのプログラミング体験ワークショップ。

アプリやゲームなどの作品づくりを通じて、子どもにプログラミングの楽しさや可能性を伝えることを目的として2013年夏より定期的に開催し、これまでに全国で約9,000人以上の小学生が参加するなど、子ども向けプログラミングワークショップとしては日本最大級を誇る。

「Tech Kids CAMP Summer 2019」概要

今回開催する「Tech Kids CAMP Summer 2019」では、小学校1年生~6年生を対象に、「マイクラプログラミングコース」、「Scratchゲーム開発コース」「iPhoneアプリ開発コース」の3コースを設けている。

本講座は、プログラミングの楽しさを体験しスキルを身につけることを目的として、プログラミング未経験の子どもから経験者まで幅広く対象としており、子どものスキルに適したプログラムを提供。

コースはそれぞれ、子ども向けプログラミング学習ソフト「Scratch(スクラッチ)」を用いてゲーム開発を行う「Scratchゲーム開発コース」、世界的人気ゲーム「Minecraft(マインクラフト)」を用いて、プログラミングの基礎である条件分岐や繰り返しの概念を学ぶことができる「マイクラプログラミングコース」のほか、4年ぶりにパワーアップして復刻新登場となる「iPhoneアプリ開発コース」の3コースを用意。

より楽しく学べる要素が充実した「iPhoneアプリ開発コース」では、ひとつ上のレベルに挑戦したいプログラミング中級者、上級者向けに本格的なプログラミング言語である「Swift」を学び、3日間完結で、iPhoneアプリの開発に取り組む。また、いずれのコースも、各日程の最終日には参加者が自ら開発した作品を自分の言葉で発表する「作品発表会」を実施している。

CA Tech Kidsは、2013年の設立以来、全国各地でのプログラミングワークショップの開催や小学校への出張授業を通し、多くの小学生にプログラミング学習の機会を提供してきた。

全国5カ所に展開している小学生のためのプログラミングスクール「Tech Kids School」では多くの子どもたちが継続的なプログラミング学習に取り組んでおり、 オリジナルのiPhoneアプリをリリースしたり、国内外の各種コンテストで入賞を果たす生徒を毎年輩出するなど、顕著な学習成果が出ている。

時期

2019年7~8月

対象

小学校1年生~6年生

会場

東京都渋谷、大阪府梅田

プラン

2日間プラン、3日間プラン

コース

  • Scratchゲーム開発コース
  • マイクラプログラミングコース
  • iPhoneアプリ開発コース

※先着300名に最大2,500円の割引キャンペーン実施中(詳細はこちら

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録