有給で経営ノウハウや起業を学ぶ「金太郎アカデミー」開講。開講イベントでは吉本興業ミキ、プラス・マイナス、レイザーラモンなどが講義プレゼンを実施

株式会社金太郎ホーム(本社:千葉県千葉市、代表取締役:佐々木 数修都、以下 金太郎ホーム)は、有給で経営を学ぶことができる「金太郎アカデミー」を開校した。開講イベントは4月15日(月)GINZA SIXにて開催した。

「金太郎アカデミー」設立の背景

金太郎ホーム代表の佐々木 数修都氏は、若者が世の中に出るには学校教育だけではなく、世の中の仕組みや、お金の流れ、経営についてより多くの学ぶ機会が必要だという考えを以前から持っていた。

金太郎ホームの企業理念の一つに、「地域を元気に、千葉を元気に、日本を元気に」というフレーズがあり、企業使命としての地方創生を創業当初から掲げている。

この2つの考えから、「若いうちから経営を学ぶこと=地方創生に繋がる」という理念のもと、未来ある若者に広く学びの機会を提供し、また経営ノウハウや起業のための教育を、給料を払ってでも受けてほしいという想いから、金太郎ホームは本プロジェクトを立ち上げた。

「金太郎アカデミー」は一般財団法人として立ち上げ、「事業ではなく人材への投資」をコンセプトに運営を行う。

金太郎ホームは、本プロジェクトを通して、地域や社会に貢献できる人財を育成・輩出していきたいと同時に、一人でも多くの若者が豊かな人生を歩めるよう寄与していきたいと考えている。

「金太郎アカデミー」概要

経営ノウハウや起業のための教育を、給料をもらいながら勉強することができる。

『お金』×『地方創生』を大テーマに掲げ、座学や講義のみではなく、実践的かつ多角的な「経営」を学ぶ機会を設けることで経営センスを磨くことができる。

校長である金太郎ホーム代表の佐々木 数修都氏が直接指導することはもちろん、本社を構える千葉市の市長である熊谷氏、千葉ジェッツ富樫氏、キングコング西野氏など、様々な分野で活躍する著名人を講師として招き、特別講演も実施予定。

対象年齢

16~25歳(高校生、大学生も可)

月給

約25万円(高校生、大学生の場合は別途規定あり)

入塾期間

6ヶ月~

※千葉市への地域貢献として、千葉市在住の方の起業、もしくは千葉市での起業には企業補助金支援あり。

「金太郎アカデミー」開講イベントの概要

開講イベントでは、様々な企画で地方創生に取り組んでいる吉本興業が協力。

「第54回上方漫才大賞」で奨励賞を受賞したばかりのお笑い芸人、かまいたちがMCを行い、金太郎ホーム代表取締役から「金太郎アカデミー」の概要を説明した後、ミキ、プラス・マイナス、レイザーラモンなど、よしもと芸人屈指の「講師に呼ばれなさそうな芸人」による講義プレゼンを実施。

特にレイザーラモンの「のっかることが大事」という講義には会場も大いに盛り上がった。

3組とも個性溢れるプレゼンだったが、審査員である金太郎ホーム代表とゲストの富樫選手により、最優秀プレゼンにはプラス・マイナスが選ばれた。

日時

2019年4月15日(月) 11時~12時

会場

GINZA SIX

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。