マイナビ「MY FUTURE CAMPUS」、Google のデジタルスキルトレーニングプログラム「Grow with Google」のパートナーとして、大学生向けにAI理解のトレーニングプログラム提供を開始

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)が展開する大学生および入学を目指す高校生を対象としたキャリア形成プロジェクト「MY FUTURE CAMPUS」は、Googleが2019年4月22日に発表したデジタルスキルトレーニングプログラム「Grow with Google」 のパートナーとしてAIに関する基礎的な知識を得ることができるトレーニングプログラムを大学生向けに開始することを発表した。

マイナビ、プログラム開始の背景

マイナビのキャリア形成プロジェクト「MY FUTURE CAMPUS」は今年4月から、学校内で課題解決型授業(PBL)を手軽に導入できるプログラム「課題解決プロジェクト」の提供を開始した。

これは、企業がテーマを出題し、学生は企業から提供される教材を使いながら企画を立案し、評価がフィードバックされるというものである。

今後ビジネスの世界に入って働いていく学生たちにとって、AIに関する基礎的な理解を持っておくことは非常に重要になってきているが、一方で「何から学んで良いかわからない」という状況が見受けられる。

そこでマイナビは Grow with Google プログラムと協力し、学年・専攻・文系理系問わずAIに関する基礎的な知識を学べるトレーニングを提供することになった。

トレーニングプログラムの概要

課題解決プロジェクト

このプログラムは、総合学習の授業やゼミ、キャリアガイダンスなど、高校・大学が授業内で導入できるもの。

学生は、今回のプログラムに沿って「AI を活用し、あなたが関心のある社会課題の解決策を提案してください 」というテーマに取り組む。

Google が提供するAI に関する学習コンテンツでAIの基礎を学んだ上で、学生はチームを組んで解決すべき社会課題を設定。その課題にAIがどう使えるかを議論して企画を提出する。※主に大学が対象ですが、高校で実施することも可能。

「課題解決ディスカッション」イベントの開催

Google が提供するAI に関する学習コンテンツを利用して学生同士でAIを学び、ディスカッションを行うイベントを、東京、横浜、京都、大阪、札幌、仙台、広島、福岡など、日本各地で展開。

2019年12月までに82回の実施を予定している(詳細は決まり次第HP上で発表)

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

WRITERこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。