学校法人千葉明徳学園 千葉明徳高等学校、COMPASSの人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」を導入

株式会社COMPASS(本社:東京都品川区、CEO 神野 元基)は、同社が提供する人工知能型タブレット教材「Qubena(キュビナ)」が、学校法人千葉明徳学園 千葉明徳高等学校(所在地:千葉県千葉市、学校長 園部 茂)の指導の一環として採用され、2019年4月より利用開始されたことを発表した。

千葉明徳高等学校では、生徒一人ひとりに個別最適化された学習(アダプティブラーニング)を通した基礎学力の定着・学力の向上と、教員の働き方改革を目的として、Qubenaを採用。

千葉明徳高等学校では、生徒の学力のばらつきに対し、教員が生徒個別にサポートをすることで対応していたこと、また進路や習熟度に応じて設置された4つのコースについて、それぞれ授業準備(演習や宿題・テストにおける問題作成・印刷・採点など)を行う必要があったことが教員の大きな負担になっていたが、Qubenaの導入によりこれらの課題を解決を目指す。

千葉明徳高等学校の「Qubena」導入概要

対象

千葉明徳高等学校 1年生・2年生 全生徒 約750名

学校での活用例

  • 数学の授業の中で、教員による導入指導を行なった後に、基礎の定着のための演習教材としてQubenaを活用。
  • Qubenaの「ワークブック」機能を使用して、家庭学習の課題配信と朝学習の時間での小テストを実施する。
  • 「中高一貫コース」「特進コース」「進学コース」「アスリート進学コース」の4コース、全てのクラスの数学の授業において高校数学のQubenaを活用する。また一部クラスでは習熟度に応じて中学生範囲のQubenaを復習に活用する。

千葉明徳高等学校 梅澤俊秀副校長 コメント

千葉明徳中学校・高等学校では2019年度新入生が一人一台のiPadを持つことで全ての生徒、教職員がiPadを持つことになりました。本校では導入時から授業改革の要としてiPadを活用してきましたが、これまではICTを活用する事で授業をアクティブラーニング型に改善させるという教師主導の活用が柱になってきました。しかし、今回のQubenaの導入によって学習は「個」の観点を持つことになり、学習の習熟度に応じた個別の学びを実現することができました。Qubenaによって効率的に数学の学習を進めることが可能となったのです。学習が「個」の時代を迎えたことは、同時に授業という集団の場で学ぶ意味を再定義しなければならない時代を迎えていると考えます。今回のQubena導入により個別の学習の効率化と集団としての深い学びの両面が確保できることを期待しています。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。