ビズメイツ、外国人労働者向けオンライン日本語修得サービス「Zipan」日本語講師の追加募集を開始

ビジネス特化型オンライン英会話事業「Bizmates(ビズメイツ)」、および外国人IT人材紹介事業「G Talent(ジータレント)」の提供を通じて、ビジネスパーソンのグローバルな活躍を支援するビズメイツ株式会社(東京都千代田区、代表取締役社長:鈴木伸明)は、2019年5月28日(火)より提供開始する外国人労働者向けオンライン日本語修得サービス「Zipan(ジパン)」へ当初の想定以上の反響を受け、日本語講師の追加募集を開始することを発表した。

「Zipan(ジパン)」日本語講師の追加募集の背景

今回ビズメイツが新たに提供を開始する「Zipan」は、改正出入国管理法により増加が予想される外国人労働者が、日本社会で活躍するために必要な日本語スキル、日本独特のビジネス文化、ビジネスマナーなどを包括的に学べるオンライン日本語修得サービス。

今回の法改正で受け入れる外国人労働者の日本語レベルはN4以上(=日常の基本的な日本語を理解できるレベル)とされており、その受け入れ数は5年間で最大34万人にのぼると言われている。

そのような状況の中、彼らが日本社会で活躍する為には、日本語の上達および独特のビジネス文化、ビジネスマナーの修得が不可欠であると考えたビズメイツは、メイン事業であるオンライン英会話「Bizmates」の提供を通して、ビジネスパーソンの実践的な英会話コミュニケ―ションや異文化理解、ビジネスマナーの修得を支援してきた独自の経験を活かし、外国人労働者の日本語レベルに合わせた、オンライン日本語修得サービス「Zipan」の提供を5月28日より新たに開始することを先月発表した。

発表後、外国人労働者からの当初の想定を上回る反響を受け、今回日本語を教える講師の追加募集を行うこととなった。

ビズメイツでは、「ビジネスコミュニケーションは、ビジネス経験者から学ぶべき」という考えから、英会話事業、日本語事業ともに共通して、ビジネスパーソンを講師として採用しているのが特徴。

働き方改革関連法案で本格解禁となった副業を希望するビジネスパーソンはもちろん、退職したシニア、地方在住者や育児休暇中の主婦など、日本社会におけるビジネス経験のある人であれば誰でも応募可能。

20時-24時の間で、1日1コマ30分から勤務可能なため、空いた時間を有効活用して働くことができる。

「Zipan(ジパン)」日本人講師 募集要項

勤務開始日

2019年5月28日 (事前に2週間のオンライントレーニングあり)

勤務地

自宅 (講師・受講者双方のプライバシーが守られる場所)

勤務時間

毎日20~24時の間。30分刻み。毎日20~24時の間で希望の時間帯にレッスンを受付け、受講生の予約とマッチした時間に実施。

委託料

1コマ(1レッスン25分+受講生へのフィードバック)単価:550円~

業務内容

外国人が日本のビジネス環境で活躍するために必要な、日本語・独特の文化・習慣・ビジネスマナーの修得を独自の教材に沿ってオンラインでサポートする。受講者は原則日本語検定3級以上(日常会話レベル)

応募条件

業界、職種問わず3年以上のビジネス経験。受講生に教えるのは「日本語」ではなく「日本のビジネス」。日本語教育の経験・資格は不問。

  • Skypeのビデオ通話を使用できる
  • メール、ワード、インターネットなどの基本的なPC操作ができる
  • 登録後長期的に継続していただく意思を持っている
  • 日本時間20~24時の間に勤務可能

求める人物像

日本語指導スキルよりもビジネス経験、コミュニケーション力の高さを重視する。

応募方法

下記メールアドレスより問い合わせ

jp-recruit@bizmates.jp

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録