学校・教育機関向け「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」デジタル教材版提供開始へ

株式会社朝日学生新聞社(東京都中央区、代表取締役社長・脇阪嘉明)は、小・中・高等学校など学校、教育機関でのICT学習に対応した「デジタル教材版」の提供を開始したことを発表した。

「朝日小学生新聞」「朝日中高生新聞」のデジタル版の閲覧はもちろんのこと、教材として活用できるオリジナルワークシートを配信するサービス。

「朝日小学生新聞 デジタル教材版」とは

日本で唯一の日刊ブランケット版の子ども新聞「朝日小学生新聞」の1面と、授業で使えるワークシートを週1回配信。

気になった記事や「天声こども語」などの書き写し、感想を書くことができるワークシートは、「読む力」「考える力」「書く力」を鍛えることができる。

「朝日中高生新聞 デジタル教材版」とは

中高生のための週刊の新聞「朝日中高生新聞」(20~24ページ)をデジタル版で配信。

大学入試改革の新テストや小論文対策に対応したオリジナルワークシートを月1回配信。朝日中高生新聞の記事から、勉強のやり方を教える塾「プラスティー」の清水章弘氏が問題と解答例を作成する。

「デジタル教材版」はPC、タブレット、スマートフォンでの閲覧が可能。インターネット環境がある学校や教育機関で利用可能。

児童全員で閲覧可能(※閲覧数には制限あり)で、クラス単位での朝の学習や授業で活用できる。文字や単語を調べられるオンライン辞書「Weblio辞書」機能つき。印刷用のPDF版も用意されている。

サービス第1段「NTTドコモ」×「朝日小学生新聞」モニターキャンペーン

サービス第1弾として、通信会社NTTドコモと共同で「朝日小学生新聞 デジタル教材版」を最大2か月利用できるモニター校の募集を開始する(都内23区限定)。

小学校を対象としたICT活用調査の一環。「NTTドコモ」の通信を利用している学校や教育機関で利用可能。

モニター校には朝日小学生新聞デジタル版の活用方法や利用状況などを調査し、今後のサービスの向上やユーザーの利便性に努めていく。