学研ステイフル、『モンテッソーリBox』4種類の商品を3月15日に発売

株式会社学研ホールディングス(東京・品川 代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社学研ステイフル(東京・品川 代表取締役社長:福本高宏)は、2019年3月15日(金)に『モンテッソーリBox』4種類の商品を発売したことを発表した。

『モンテッソーリBox』商品概要

今回学研ステイフルが発売した商品は、子どもの自立を促すモンテッソーリ教育で使われる教具のメソッドが詰まったBOX。

欧米ではモンテッソーリ教育は多くの著名人が受けていたことで有名だが、最近では日本でも注目を浴び始めている。モンテッソーリ教具は木製で高額なものが多い中、『モンテッソーリBox』は持ち運びしやすく気軽に取り組めるカードタイプの商品。

今回発売の商品4点は、全て日本語訳するにあたり “日本モンテッソーリ教育綜合研究所” の監修を受けている。

商品名

モンテッソーリBox もじ・とり・どうぶつ・はじめての天文学

本体価格

各3,500円(税抜)

対象年齢

  • もじ:2才~
  • とり・どうぶつ・はじめての天文学:3才~

販売先

全国の百貨店玩具売り場・玩具店・雑貨店など

内容

もじ

子どもは「もじ・ことば」の音や形を自分の感覚を使って理解する。

文字がざらざらとした質感の加工を施した「砂文字カード」を見て触ることで、文字を書く前段階の学びとして自分の感覚で文字の形を感じ取る。冊子では「砂文字カード」を使ったもじ・ことばを学ぶための活動を紹介している。

とり

子どもは並べたり分類することが大好きで、考えが整理できる作業に魅力を感じる。カードを並べることで “空間認識力” を高め、鳥や鳥の特長について学ぶ。鳥についての冊子、鳥のスケッチ、特長が描きこめる観察ノート付き。

どうぶつ

たくさんの「動物カード」は子どもの語彙を豊かにするとともに、世界の動物に好奇心を覚え、読み書きの準備をするのに最適。

大陸の形がざらざらとした触感の「大陸カード」に触れることで、大陸の形を感じ取ることができる。「大陸カード」と「動物カード」のペアリング作業をすることで、知識を整理しながら空間認識力・数学的能力を高める。

はじめての天文学

天体の「絵カード」と「名称カード」でペアリングをしたり、天体の説明が書かれた「定義カード」を使ってクイズを出したり、子どもの天体に対する好奇心をかきたてる。天体について知るための冊子や、星空を描くページがある「星空手帳」、星座を探すための「星座早見盤」付き。

EdTechの最新ニュースを配信!メールマガジンに登録

ABOUTこの記事をかいた人

Natsuki Shinbo

埼玉県出身。2018年12月からほぼ毎日EdTech Mediaの記事を更新しています。 EdTech Mediaのほかに、教育業界に特化した転職サイト「Education Career」を運営している株式会社ファンオブライフのマーケティング担当です。