デジタルハリウッド大学大学院、2019年度より新カリキュラムの専門科目として「デジタル表現基礎(アダプティブラーニング)」を新規開講

専門職大学院「デジタルハリウッド大学大学院」(東京都千代田区、学長 杉山知之)は、2019年度より新カリキュラムの専門科目として「デジタル表現基礎(アダプティブラーニング)」を新規開講することを発表した。

「デジタル表現基礎(アダプティブラーニング)」科目概要

本科目ではWeb/3DCG/映像/プログラミングの4領域のうち、希望する制作スキルを習得することができる。

デジタルハリウッド株式会社が運営する「デジハリ・オンラインスクール」で開発された動画教材とアダプティブラーニングの指導メソッドを活用し、最短でコンテンツ制作技術を身につけ、院生のビジネス開発におけるプロトタイピングを加速する。

また、アダプティブラーニングによる学習を通じて、効果的な自己学習方法を体験し、教育とテクノロジーの融合(EdTech)についての理解を深める。

科目概要

ビジネスプランや企画を実現するためには、素早くプロトタイピングを行い、”人に見せられる形”にしてプレゼンテーションできるようにすることが重要である。

本講座では、効率的に最短で目指すアイデアを表現する”コンテンツ制作の基礎”を習得するため、1つの教室で各自の希望に合わせ選択した動画で、各自のペースで学習に取り組む。

講師は内容に関しての質問には答えないが、学習進捗から学び方をアドバイスする。一方で毎回制作のヒントになる講義や、仲間とのグループディスカッションを行い、これを通じて動画を活かした″能動的な学びと実践力の習得”を目指していく。

到達目標

  • Web/3DCG/映像/プログラミング4領域のうち希望する制作スキルを習得できる
  • アダプティブラーニングを通じてデジタル時代の効果的な自己学習方法を体験する
  • 自分が必要なラーニングマテリアルを選び取るリテラシーを身につけることができる

担当講師

石川 大樹

デジタルハリウッド株式会社 まなびメディア事業部 まなびメディアグループチーフ 教材開発責任者。

大学卒業後、大手キー局にて番組制作を担当。

2004年デジタルハリウッド入社以来、数多くの新規事業に携わる。その経験を活かし、現在は映像教材や教育メディアを開発。映像教材の学ばせ方による教育効果、若年層へのプログラミング教育手法を研究している。